シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 明日はシルクロード講座の日です | main | シルクロードの天国と地獄 >>
第94回シルクロード講座は「雲南のお茶と古茶樹」

6月9日(土)は第94回シルクロード講座でした。周東がご報告します。

 

講師は鈴木朋博さん。中国茶の高級評茶師で吉祥寺で「青蛾茶房」という無農薬の中国茶のお店を開いています。鈴木さんとは、シルクロード講座で2回講師をお願いしたカワカブ会の小林さんを通して知り合いました。いつもおいしいお茶を淹れて下さるので、下心もあってお願いしました。

 

パワ—ポイントはNational Geographic風に黄色い枠で囲まれた"UNNAN GEOGRAPHIC"。

主人公は鈴木さんが訪ね歩かれた中国雲南省の樹齢1,000年、2,000年と言われる古茶樹たち。お茶の樹といっても、日本の茶畑の丸く刈り込まれた人の腰ぐらいの樹とは違います。標高2,000m以上の高地に樹齢200〜300年以上のお茶の樹ですが、近年までその価値が認められずに薪にされていたとか。葉は長さが20cmもあるような大きな葉で、30mくらいの高さの樹に梯子をかけたり、やぐらを組んだりして、年に1回その若芽だけを摘んでお茶にするそうです。

 

野生種の他に挿し木で増やした栽培種もあって、古茶樹とうたっていても栽培種で、その味わいは雲泥の差ということもあるようです。よいお茶は4煎目以降の味で見分けるのだそうです。

 

話は、茶農家が摘んだ茶葉が製品になるまでの過程、それが遠くまで運ばれて行くための工夫などが紹介され、数年前カワカブ会で茶馬古道を旅したときの体験を思い出して、うんうん、そうそうと一人うなづいていた私でした。ちなみにその旅で整形を体験させてもらったプーアル茶は、未だ大事に保管してありますよ。日本のお茶と作り方が違うので質問続出。

 

 

休憩時間には、茶藝師の渡辺さんがわざわざ来て下さって、おいしいお茶を淹れて下さいました。暑い日向けのさっぱりするお茶「紫娟白茶」(冷茶)とジャスミン茶をいただきました。

 

 

後半は、鈴木さんが訪れた古茶樹たち。日本人研究者が初めて紹介した樹齢800年の二抱えもある茶樹王は、その後道が整備され、回りが踏み固められて枯れてしまった話や、記念切手にもなっているが保存のため周りに柵がつくられている例、標高2,500mにある推定樹齢2,700年の茶樹王、道無き道を通って会いにいった古茶樹たちの話はとても興味深いものでした。

 

 

講座の後は、いつものように狛江駅近くに場所を移しての懇親会。茶談義で話に花が咲きました。

 

 

 

| シルクロード講座の報告 | 17:23 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE