シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< シルクロードの天国と地獄 | main | 座敷わらしと宮沢賢治とシルクロードと >>
シルクロードのブラックホール

 

シルクロードを研究するものとして、現在におけるブラックホールは、アフガニスタンとイラクでしょう。私はいまだに行くことができていません。

 

いまでは、これにシリアが加えられるでしょうが、そうそうサウジアラビアもあまり行くイメージのないところです。

わたしは個人的にはシリア、ヨルダンやイランなどは行っていますが、今でも“治安の悪いところ”ともいわれています。しかし、シリアを除いてヨルダン、イランは、実際は全然安心なのですが・・・

 

しかしみなさん、もう一つブラックホールがあるのです。

それは朝鮮半島北半部です。

今まであまりにも“危険な国”“独裁国”“人権なき国”“テロ国家”などのレッテルが強烈に張り付けられていたので、シルクロードのロマンを感じるには、あまりにもかけ離れていたのだと思います。

 

先週の19日、私は初めて小平の朝鮮大学校へ行きました。そこで元外交官だった浅井基文さん(元広島平和研究所所長、大阪経法大学客員教授)の講演と、北と南の大学教授やジャーナリスト3人の「討論会」があったのです。

講演会のテーマは、対決から平和へ ――今後の朝鮮半島の行方――と題するものでした。

 

南北首脳会談、米朝首脳会談で朝鮮半島に立ち込めていた“核戦争の危機”が一挙に対話と平和の方向に進み始めたのです。まさに歴史的な出来事です。

20世紀、72年のニクソン・毛沢東会談による米中国交回復、86年のレーガン・ゴルバチョフによる米ソ首脳会談によって、冷戦構造による核戦争の危機から対話へと歴史が開けていった大きな出来事がありました。そしてソ連の崩壊にいたったのです。

 

今回の米朝首脳会談は、まさに21世紀初頭における最大のできごとだといえます。

朝鮮半島と北東アジアさらには世界に平和が訪れる出来事の次には、国交正常化から国交回復へという道と展望が開けてきます。

そうすると、学術文化の分野における開放と交流が続きます。

まさにシルクロードのブラックホールに孔があき、西域から中国を経過して朝鮮半島で花が開いた古代文明が、日本へと続いた歴史が明らかにされてきます。

 

朝鮮大学校には「歴史博物館」がありました。受付に書籍類の販売がされており、そのパンフレットを発見しました。歴博のパンフが私を呼んでいたのんです。80年代に東京で高句麗展が開催されたときに展示されたものがすべて寄贈されたとのことです。

来週には大学校の国際交流委員会の幹部にお願いして歴史博物館を訪れることになりました。そこの事務局長が案内してくださるとのこと。

 

余談ですが、私が北京留学中のこと、1965年当時、日本国内でも争われていた「日韓条約」に反対する運動がありました。かつて日本が、朝鮮半島全体に途方もない犠牲と損害を与えたにもかかわらず、韓国との交渉だけで賠償をするというやり方に多くの国民は違和感を覚え、反対もしていたのです。

そしてあるとき、北京在住の日朝両国留学生の代表団で会談を行うことになりました。私がそのときの日本側代表でしたが相手側と会談を行いました。そのときの北朝鮮側の留学生たるや、まるで外務省の高級官僚のように、完璧に自国政府の政策をふまえて論じ、たたかいの方向をさし示していたのです。政策のテクノクラートでした。

討論会での3人のハイレベルな弁論もそのときのことを鮮明に思い出させてくれました。

 

しかし、それはともかく今回の講演会を通して、そして私を通して朝鮮半島北半部とのシルクロード交流の突破口ができればよいと考えています。

わが日本シルクロード文化センターの会員にも“渤海を研究したい”という人が現れています。来年には、北方面へのシルクロードツアーを実施したいとも思っていますが、“その辺りの歴史遺産は軍事基地を通らなければいかれないところなので”かなり難しいということです。そうなると許可が出ません。

 

さあ〜どうするか〜〜

まあ、何とかなるでしょう。

未来は明るいんだから〜〜〜〜〜

 

2人で軍事境界線を越えて北朝鮮側に入った際の握手の写真

軍事境界線を越えて韓国側に入った北朝鮮最高指導者金正恩と韓国大統領文在寅

トランプ大統領と金正恩委員長ら両国代表団による会談

両首脳の会談

| シルクロード | 10:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE