シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< これから青海チベットと寧夏回族自治区の西夏王陵、黒水城へ行ってきます | main | 魔窟・上海浦東国際空港顛末記 >>
アムド、内モンゴルから帰ってきました。

8月1日 出発、11日 帰国しました。

 

往路、上海浦東空港では西寧行きの飛行機に乗り遅れ、夜中の1時まで空港内を駆けずり回り、睡眠1時間半で今度は虹橋空港から朝7時10分の飛行機にやっと乗れました。

良いトレーニングになりました。みんなは「魔窟上海空港」と名付けていました。

 

行く先は青海チベットと寧夏回族自治区のカラホト(黒水城)。

青海省のチベット農民の家での食事、気温12度から20度の涼しさと大雨の村のお祭りで西北民族大学の学生たちとの遭遇、甘粛省では蘭州で遊び、甘粛省博物館でシルクロード関連の展示をたっぷり鑑賞し、夜行寝台で銀川へ行き、2500kmのドライブでカラホトを往復しました。

 

一行は86歳の超高齢者もおり、気を遣う旅になりましたが、収穫の多い旅でした。

近いうちに旅日記を連載する予定ですが、帰国後の日程が立て込んでおり、いつになるかわかりません。

 

帰国してスーツケースから洗濯物やらあれこれを出す段になって、キーがなくなっていることに気が付きました。

翌日夕刻、ワイフの友人の大工さん宅までスーツケースを運んでカギを壊したら、キーは中にあったということで、ワイフの嘲笑と恨み節の連続でした(彼女のスーツケースを借りていったからです)。

そのほかにも、カメラの電源とバッテリーも忘れ、ビーチサンダルも忘れ、散々でした。

でも、旅には忘れ物はつきもの。あまり気にしないことにしています。

 

8月14日

 

写真はエチナのカラホト(黒水城)。

かなり商業化されており、監視カメラが縦横にあり、

スピーカーからは男のだみ声の怒鳴り声が響きっぱなしでした。

ここも商業主義に蝕まれたかと暗澹とした気持ちになりました。

シルクロードはどこへ行ったのだろうか・・・

| シルクロード | 09:16 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE