シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 標高3662メートルを越えて浪加(ランジャー)村・タンカ工房 | main | 甘粛省博物館へ >>
チベット仏教ゲルク派の六大僧院のひとつラプラン寺へ

哲学教授と論争・奥さんと娘が「お父さんの負け〜〜!」

 少々、ウィキペディアでお寺の紹介を。

 ラブラン寺甘粛省甘南チベット族自治州夏河県にあるゲルク派の寺院。ラプラン・タシーキル寺とも言う。中国語では拉卜楞寺と表記する。チベット自治区ガンデン寺セラ寺デプン寺タシルンポ寺青海省クンブム・チャンパーリン寺(タール寺)とともにゲルク派六大僧院のひとつとされる。

 1710年にジャムヤン・シェパ一世によって創建。往時は108の寺があり、活仏も500人前後が在籍していたという。しかし、文化大革命で閉鎖され、多くの堂・僧院が破壊された。その後多くの建物が再建され、現在在籍している僧は千人規模となっている。現在はチベットのゲルク派寺院では最高レベルの学問寺となっている。

甘粛省の略図です

ラプラン寺の境内です

仏像

マニ車を回しています。先頭がK爺、その後ろが、のこちゃん、S氏、H田さん

 

 ラプラン寺の境内は広い、そして暑い。私は何度もこのようなお寺を見ているので、途中で切り上げてK爺が入り口近くで休んでいるところまで行きました。するとそこへ40代の夫婦と18歳の娘さんの家族連れがやって来ました。奥さんは43歳だといっていたのですが、その夫(46歳)が、私が昔、北京に留学していて、中国語が少しできると聞くと哲学論争を吹っかけてきました。彼は北京のどこかの大学の哲学教授だといいます。

 

 以下、彼とのやりとり

彼「毛沢東思想はマルクス・レーニン主義の最高峰だと思うがどうか」

私「昔は中国では毛沢東自身も含めて勝手にそう言っていたが、当時も今も世界の誰もそんなことを信じていない。中国でも一部の幹部だけがそう思っているだけだろう。しかもそれは、自分の出世の為であって、誰も真のマルクス主義など知らないのに、だ」。

 

 さらに私「あなたは、今はそんな偉そうなことを言っているが、まだ中国に浸透していない、人権・民主主義・言論の自由などを、あなた自身が政府と党に守らせるべきではないか。それが国民としての義務だと思うけれど、今それを言うと捕まるということも知っているよ。その現実を知りなさい。これは中国の憲法に書いてあることだから正しいことなのだよ」といいました。

 

 私の追及の手は緩みません。「まだある。チベット・モンゴルやウイグルなどの少数民族に弾圧を加えないで、彼らの主張をよく聞いて、尊重すべきではないか」といいました。珍しく、中国語がポンポン飛び出てきます。政治哲学分野の用語は得意なのです。教科書は「毛沢東選集」だったからです。逆に日常使う言葉をあまり知りません。でも、このようなときは昔の記憶が思いだされるのでしょう。

 

 すると彼の奥さんと18歳になるという娘さんが驚くべきことを言いました。

 「は〜い、お父さんの負け〜〜!この日本人の先生の言うことが正しいよ」と。

 私の周りを取り囲んでいたチベット僧たちも口には出せないのですが、「そうだそうだ!」という表情が読み取れます。漢人たちも「まいったな〜ァ」という表情をしています。

 夫は悔しそうな顔もせずに引き下がりました。“オトシマエ”は一緒の記念写真でケリがつきました。

 バスまでの長い距離をK爺と2人で駐車場まで歩きました。残りの3人はショッピング。

 ここから250km走って蘭州へ向かいます。ここ甘粛省の夏河は今日は昨日の豪雨と打って変わっていい天気で暑い。

| シルクロード | 04:49 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE