シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 寧夏回族自治区の銀川へ、そして賀覧山の岩画、まがい物の展示場へ | main | カラホト(黒水城)を発見した探検家・コズロフ >>
いよいよ西夏王陵からエチナのカラホトへ

 車もドライバーも交替しました。

 懐かしい西夏王陵のある場所へ到着しました。まず、西夏博物館へ。詳しくは写真をご覧ください。

ここが「西夏博物館」です

西夏といえば「西夏文字」です!

この牛さんが、ここの博物館の目玉です

 

 博物館を見てから、いよいよ西夏王陵へ行くのかと思ったのですが、ガイドは「エチナまで行くのに時間がかかるので、博物館だけ見学」とのことで西夏王陵そのものは遠望したのみ。「そんな計画ではなかった。西夏王陵そのものを見ることが大切だったのだ」と抗議する。以前撮影した写真をご覧に入れます。

これが「西夏王陵」です。私が2010年に撮影したものです

 

 今回の旅の主要な目的は、第一にカラホト(黒水城)を見ること。次の目的が「西夏王陵」を見ることでした。西夏博物館はそのための補足的な学習です。

 

 博物館を出ると、200メートルくらい向こうに王陵が見えます。ガイドは、「近くまでは行かれません」などと言って、行かない、行かれない正当な理由を述べ立てます。これは明らかに約束違反。ガイドは日本語の先生なので、あれこれ指図することは慣れているけれど、人からあれこれ言われるのは嫌いのようです。露骨にイヤな顔をします。そんなことで負けていられません。すると彼女は「エチナから帰ってきて、時間があったら行きましょう」といいます。

 

 800km、11時間の行程なので、帰りに行かれるわけがないのを見越して言うのです。意図は分かったのですが、この先800kmを行くわけですから、これ以上言っていても到着が遅くなるだけです。あきらめました。

 

 エチナへ

 800kmの行程を200kmほど行ったところでバスは止まりました。情報を集めると、昨今の豪雨で道路が壊れていて走れない、ということです。「料金所の職員も知らなかった」と言いますが、最低限、職員はそれくらい知っていて情報を流すのが仕事なのではないでしょうか。要するにそれくらいの情報も集められない技術水準だし、そのような方策も考えていないということなのでしょう。

 

 車はUターン。同じ道を戻って別の高速道路で行くことになりました。

 距離を合計すると約1350km。予定より550kmも延びました。東京から熊本辺りまでの距離になるでしょうか。 

 途中にレストランもないということで、ガイドはカップ麺と冷たい水を買い込んできました。冷たい水とはいっても時間がたてば暖かくなるんですから・・・

 結局エチナに着いたのは午前1時半。合計16時間半かかりました。

まさに「地平線」です。寝てしまってまた目が覚めても変わらぬ風景

空!!!

料金所にもモンゴル文字が表れました

 

 長距離なので途中のトイレにも神経を使いました。1時間か1時間半に1度はトイレ休憩です。その代わりいつものように、ゆったりのんびりのトイレ休憩はできません。素早く行動しなければなりません。また、男はどうでもいいのですが、女性は困ります。ガイドは「傘を使って」といいますが、そうもいかない場合もあります。

| シルクロード | 05:14 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE