シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< シルクロードと宮沢賢治 | main | シルクロードの旅 余談 >>
旅の8日目、エチナ博物館からカラホトへ

 この日の朝はゆっくり。正午にホテルを出る。まず、エチナ博物館へ、

エチナ博物館ですが、この写真は先日、掲載しましたね。であれば、間違いです。

 

 この博物館は「カラホト=黒水城」から発掘された様々な展示があるので非常に貴重なところです。

 ただし、せっかくの博物館なのに、パンフが受付の無料で配布する簡素なものしかありません。“博物館の展示を見て判断しろ”と言わんばかりです。

 惜しむらくは、この博物館は見るに値するものが数多く展示されています。館内はフラッシュをたかなければ撮影が許可されていますので、たくさん撮りました。そのいくつかをご覧ください。

コズロフが発掘した当時の写真です

貴重な発掘品です

 

 

ここまでの写真は私の撮影したものです

 

 その後、居延海へ。

 ここも私の調査不足でした。調査不足ということは、私がここをリクエストしていなかったということです。それを現地の旅行社が一方的にここを選定したわけです。そこに注意を巡らせられなかったわたしの落ち度でした。

ガイドに、居延海について説明を求めても無言。わからないのでしょう。私が「ここには何があるの?」と聞くと、答えはただ一言、「木」。だけでした。

胡楊、紅葉の頃の写真です(ここ以下の3枚はネットから借用)

 

 

 わずかに分かったことは、ここは「胡楊の樹」がたくさん茂っているところだということです。私は胡楊の樹は何度も見ているのですが、ここはあまり見るところがないのか、30分で見終えるということで自由参加にしました。

 

 胡楊の樹は俗に“生きて千年、倒れて千年、枯れて千年”と言われます。

 帰国後、ネットで見ても、どこを見ても居延海は出ていません。わずかに中国語の説明があるだけです。きっと新しく造成された観光地なのでしょう。それを自治体の観光当局や業者たちが寄ってたかって観光客誘致のための「努力をした結果」なのでしょう。

 

 さぁ〜て、やっと今回の旅の最大の目的地であるカラホトです。

 

 以前は、故城のすぐ近くにしょぼくれた受付があって、そこで入場券を買ってすぐに入場できたのですが、今は違います。背の高い城壁用の造りの壁が長く続いていて、そこから車でかなり走りました。10分くらい走ったところが黒水城です。これが日本であったなら、「そんな広い土地なんかないよ」となるのですが、そんな心配はいりません。とにかく広いのですから。

料金所から、このような光景の砂漠をかなり走って黒水城まで行きます

この3枚の写真は私の撮影ですが、いつまでこのままの姿がみられるのか

シルクロードよ永遠なれ!

以前、仏舎利塔のある故城の内庭には、何もなかったのですが、

いまは木道が敷かれ、監視カメラを見ながらの怒声が鳴り響いています。

 

 いよいよ、かつての感動に浸ろうかと思ったのですが、かつての仏舎利塔のある場内には監視カメラのアンテナがそこかしこに立ち並んでいます。さらに、監視カメラを見ているだろうと思える、だみ声の中年の男が大きなボリュームでアナウンス。「あれをするな、これをするな」と怒鳴り散らしています。まるで年末のアメ横の呼び込みのように叫んでいます。何だろうこの状況は!!

 

 40度をはるかに超える暑さ、以前のあの心地よい涼風は流れてこなかった。

 そして、中国当局は、私たちの前からシルクロードを遠いかなたに追いやってしまった、と。

 シルクロードはどこへ行ってしまったのだろう・・・・・・・

 悲しい、苦い思い出とともにこの旅は終わりました。

 

 カラホトのご報告がこんな終わり方になってしまいましたが、この実際の姿をお見せして、考えを深めたいと思いました。

 長い間、ありがとうございました。

 

| シルクロード | 02:48 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE