シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< また、しばらく留守にします | main | 10月13日のシルクロード講座へお越しを >>
ファインダーから覗いた妻“舞姫”の踊り 四国遍路を踊り巡った“舞姫”

 9月11日にフエリ―で徳島へ向かい、12日は所用で友人と待ち合わせてある人と面談。話し合いは成功裏に終えました。

 きのう9月23日に、86番札所からスタートして88番ですべての舞踊遍路が終わりました。実質所要日数は11日間でした。

 

 舞踊家・野口祥子の舞踊遍路は9月13日からスタートしました。

 彼女の長年の夢、いや、よく聞いてみると昨年、徳島県のある老人と会った際、「踊りでお遍路を全部まわってみたらどうですか?」と言われてインスピレーションが湧きあがったようです。

 

 彼女が何をもくろんでいるのか知らないままにいた私に、彼女は言いました。「運転やスピーカーのセットなどで同行してほしい」と。私が“忙しいからダメだ・・・”と断れば彼女の夢は潰えます。一人で自分の軽自動車で運転していく自信はないようです。毎日が忙しい私にとっては難題だったのですが、長距離を車で運転できるということが魅力でした。

 私はその企画を全然知らなかったのですが、同行を依頼され75歳の誕生日を期して新車を購入しました。「後期高齢者」に反感を持っていた私は「好機到来者」であるとして心機一転したのです。

 

 彼女・野口祥子は別に敬虔な仏教徒でもないのですが、作法は知っています。彼女は神社へ行ってもどこへいっても、宗教学を学んだからか、道理と礼儀を踏まえています。こちらは無宗教。「無神論者」だというほどえらくはありません。「無神経論者」だろうと自分に言い聞かせています。いままで、どこのお寺へ行っても合掌してのお祈りはしたことがありません。頭を下げることもしませんでした。しようという気が全く起きないのです。それが失礼だとかも全く思いません。

 

 “唯物論と唯心論とのせめぎあい”だなどというほどのこともありません。夫婦であっても違うところは違うのです。私が彼女の舞踊遍路について行ったとしても、私はあくまでもドライバー兼サポーターなのであり、お遍路や弘法大師や仏教とは無関係です。もっと正直に言うと、長距離のドライブ、ヘアピンカーブがたくさんある曲がりくねった山道を、右に左にハンドルをきって上り下りする運転ができることを楽しみにして参加したのです。

 

 ただ思うことがあります。歩き遍路の皆さん、こんなに苦労して歩いても、車に乗ってお遍路して回っても、それはそれで立派なことだと思うのですが、その心と目的は「世の中の平和と安全と安寧」であろうと思います。ですが、ただ祈ればよいのでしょうか。たぶん、祈ることで心の問題は解決し、それでよいのでしょう。私は祈ることだけでなく、実践で世界と日本の人びとの平和と安全のために働いてきました。私は人生のほとんどの時間を費やして、60年近くもそれを実現しようと思って実践してきました。ですから山門をくぐってお寺の境内に入っても、なんの遠慮もしません。堂々と入っていきます。弘法大師よ、君と俺とは結局は共通の理想に燃えているのではないか、と。

 

 ただ、仏教の教えの問題は、「国家の安寧」あるいは「国家安泰」を唱えたことによって、時の権力に最大限利用されたことであろうと思います。それを最初に利用したのは聖徳太子でしょう。でも、仏教について私はなにも学んだことはありません。犬の遠吠えでしょうね、これは。

 

 閑話休題

 面白い話がありました。

 高知県のお遍路さんたちをお世話しているHさんという有名な人がいます。彼の好意でお宅に泊めていただきました。私は個人のお宅に泊まることは絶対に嫌なのですが、“お世話になっているので断るのは失礼だから・・・”といわれるままに泊めていただきました。

 

 朝になるとうちの奥さんがいるのに、狭い部屋の中をパンツ一つで歩きまわり、朝食を食べている私の目の前に泥だらけの靴下をポンと投げるなど傍若無人でした。それくらいのことは許せますが、飲みながらいろいろ話していると、「おれは昔、山口組の若頭の山健組のヤクザだった。親分の女に手を出して指を詰められた」といいます。

 

 彼と昔(戦前)のヤクザの世界のことや、人類の誕生のことなどを話しましたが議論になりません。“誰も見たことがないのだからわからんのじゃ”というので、議論にならないのです。“そんな言い方でよく今まで世間を歩いてこられたナ”と毒づきました。

 

 きのう23日は、遍路旅が終わってからワイフの長兄の家へ行きました。広島県の宮島の近くです。まず、お風呂に飛び込んでサッパリしてから、待ちかねていたようにビールで乾杯。夕飯は刺身だけを口にして7時には寝てしまいました。

 あ〜〜あ、終わった!!!

 

 ワイフは久しぶりのお兄ちゃんとの再会で楽しそうです。

 義姉も楽しそうに世話を焼いてくれます。

 その奥さんは長兄よりもはやくワイフと友達だったので、これもまた楽しそうでした。

 私は酒を飲んで、PCに向かって、ときたま話に加わるだけです。

 

※写真はたくさん撮影したのですが、どういうことか掲載できません。

 わかったら追加して掲載します。

| 旅日記 | 10:43 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE