シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ファインダーから覗いた妻“舞姫”の踊り 四国遍路を踊り巡った“舞姫” | main | お遍路さんも“シルクロード”を歩くことなのかなぁ〜? >>
10月13日のシルクロード講座へお越しを

 私たち日本シルクロード文化センター主催の「第97回シルクロード講座」=10月13日(土曜日)午後1時〜4時まで=は、河創国(ハ・チャングク)先生による「朝鮮民族の歴史と文化――高句麗壁画古墳を中心に――」とするテーマで行ないます。

 

次に先生から寄せられた略歴をご紹介します。

 

河創国(ハ・チャングク)

△略歴

1965年 大阪生まれ

1990年 朝鮮大学校歴史地理学部(当時)卒業

1995年〜2017年 朝鮮大学校歴史地理学部、文学歴史学部助手、准教授

現在 朝鮮大学校文学歴史学部副学部長

専攻 朝鮮古代史、高句麗対外関係史

※2008年 朝鮮民主主義人民共和国歴史学碩士学位取得

※1998年〜2005年、朝鮮民主主義人民共和国社会科学院考古学研究所との共同研究事業として朝鮮古代住居址、高句麗石室封土墳、楽浪古墳などの発掘に参加。今年も平壌に滞在し、高句麗古墳や古代墳墓の調査発掘に参加。

 

 河創国(ハ・チャングク)先生は、シルクロード講座への抱負を、「朝鮮民族の歴史を、歴代国家の名前の由来や建国者、代表的な文化遺産を紹介しながら概説します。つづいて朝鮮三国時代にさかえた「高句麗」がのこした、古墳壁画(ユネスコ世界遺産)の見所について、写真をみながら解説します。また、古代の朝鮮と日本の交流史を、日本にのこる遺跡などを通じ、ザックリとではありますが、ふれてみたいと思います」と述べています。

 

 私自身は、今年前半期に行われた南北首脳会議と米朝首脳会議で北東アジアが核戦争の危機から、一転して平和と友好の地域へと変わる可能性が出てきたことと関連して、小平市の「朝鮮大学校」で開催されたシンポジウムに参加した折、同大学の国際交流分野の責任者を務めておられた河創国(ハ・チャングク)にお会いしてシルクロード講座への出席を依頼しました。

 

 当日は、私たちがまだあまり熟知していない古代朝鮮の歴史を学ぶ絶好の機会にあると思います。

 ぜひ、ご出席されるようおねがいいたします。

 

 私たちは今までマスコミを通じて様々な北朝鮮の情報を得てきました。

その中には正しい情報もあったでしょうし、意識的な悪意を含んだ内容もあったと思います。

どちらが正しいことなのかも後半部分の質問の時間に遠慮なく質問をしてください。

 4時以降には狛江駅近く居酒屋で懇親会もあります。

 

 歴史に「もし」はありませんが、もし、朝鮮半島に真の平和と南北の融和が訪れた暁には、わたしたちはまだ未知の世界である、朝鮮半島北部の歴史と交流の世界をまなぶことができます。

 “その様な場合にはぜひ、北朝鮮を訪ねてみたい”という会員もおります。

 その様な場合には私もぜひ、北朝鮮を訪ねたいと思います。

 その様なときには、ぜひ、ツアーを組んでみんなで行くことを計画しましょう。

 

 2018年9月29日

 日本シルクロード文化センター代表・野口信彦

| シルクロード講座のお知らせ | 09:58 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE