シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< いま新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭―― | main | 第97回シルクロード講座、真面目に聞きました >>
いま新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭――

下記の文章は、私たちがいつもガイドをお願いしているガイドが所属しているウルムチの旅行会社からのメールです。なぜか、親友の彼からのメッセージはなかった。私たちをいつもガイドしてくれるガイドNからは、昨年末に緊急電話があって以来、行方がしれません。おそらく再教育センターに拘束されているのだと思います。彼が日本に1年間ほど来たときは拙宅にステイしました。それほど私とは親密だったのです。

今日の写真もイメージ写真です。

今後はウイグル人の友人の顔の写った写真は使えないですね。

この写真は、ウイグルの地では、どこでも見られる絵です。

ウイグル人は踊りが好き、歌が好き。

この絵が今でもみられるのか、心配だ。

 

 

このメールを送ってきた漢人の人物を、私は誰だか推測できます。

 

いつだったか私がウルムチのホテルに投宿したとき、たまたま彼が宿泊の手続きをしてくれたのですが、翌朝の朝食券が1枚余りました。彼はそれを持って帰って、翌朝はおしゃれをした奥さんとその友人2〜3人を連れてきて食事をしていたことを覚えています。

この写真は12月のホータン郊外の小さな集落のバザールの光景です。

いま、ウイグル人の「ロバ車」はホータンやカシュガルなどの都市へ入ることはできません。

交通の障害になるからということです。

すべてが開発優先、漢人優先です。

 

 

その彼(たぶん)からの会社からのメールです。

 

野口さんへ

久しぶりです、お元気ですか? 

お陰様でいま現在、私たちも元気です。

 

このメールアドレスは事務所共通用のもので、何かありましたらこのメールに送ってください。今まで使ってきた個人用のメールは使えないことになっています。

 

それから、携帯電話も国際電話は受けられないので、事務所の固定電話にかけてください。

事務所の電話:+86-991-2325○○○   ○○○○○○  

よろしく お願いします。

 

最近は観光客があんまりないので、仕事も少ないです。

野口さんは今年はどこへ行く予定ですか。

では、とれあえず 連絡まで

2018.4.12

この写真も12月のウルムチ中心部の夜店です。

どんなに寒くても、かれらは夜店が好きです。私もですが・・・

 

 

電話もメールも個人のものは使えないことになっています。

中国憲法で言う「通信の自由」が、ここでは平気で破られています。

このように、いま、新疆ウイグルとチベットは先進国であるのに、法律がないがごとくの無法地帯になっているのが現状です。

今の新疆ウイグル自治区の党委員会の書記(最高責任者)はチベット自治区から移転になった人物です。

 

私の友人の妹の夫の父親は、かつて新疆ウイグル自治区人民代表大会の、日本で言えば官房長官のような人物だったのですが、その人も今はどうなっているのか、皆目わかりません。

いったい、この事態はどういうことなのでしょう・・・・・・

| シルクロードの光と影 | 08:56 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE