シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< いま新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭―― | main | いま新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭―― >>
第97回シルクロード講座、真面目に聞きました

 10月の講座は、初めてのことですが朝鮮大学校の河創国(ハ・チャングク)先生の講義でした。

 ハ先生のお話を聞きたいと思ったきっかけは、今年6月に行われた歴史的な「米朝会談」とその前の「南北首脳会談」がありました。

お話をするハ・チャングク先生(左)

 

 いまテレビで日本各地の「秘境」を訪れるなどという番組がはやっていますが、シルクロードにおける秘境は拡大の一方です。

 私も行ったことのあるシリアは内戦状態で行かれません。また、アフガニスタン、イラクなども危険な地域となっており、平和が回復しなければ行かれる状況ではなくなっています。

 

 その北朝鮮=朝鮮人民民主主義共和国も、アジア太平洋戦争で日本が敗北して以降、ソ連(当時)とアメリカの拮抗と対立、その後の朝鮮戦争以来、北部に関しては一般の古代歴史研究での入境は難しい状況となっています。

 しかし、米朝会談が再開され、休戦状態が南北の友好と平和に転換していけば、この状態がかなり開かれてくると思われます。

 

 わたしたちの仲間から「渤海」の研究で北朝鮮に行きたいという人が出てきています。私もぜひ同行したいと思いました。

 三国時代から高句麗を経てきた朝鮮半島の歴史や遺跡などが世界に公開されていけば、世界各地から大歓迎を受けることでしょう。まさに“シルクロード(研究)は、平和とともに”だといえます。

 お話は次第に熱を帯びて高句麗に入っていきました

 

 

 そんな世界の動きの中からこんどのシルクロード講座が実現したのです。直接のきっかけは、6月に小平の朝鮮大学校で開かれた「南北首脳会談」と「米朝会談」をどう見るかという朝鮮南北の識者のシンポジウムにわたしが参加した際にハ先生を紹介されてシルクロード講座への出席を依頼したことで実現できたものです。

 

 本題に入りましょう。

 このブログの冒頭にうっかり「講義」と書いていまいましたが、出席者はまさに若き時代に経験した大学の講義を受ける気分になっていました。

レジュメと首っ引きでお話しを聞きます

 

 

 お話はまず、原始時代からはじまる朝鮮の歴史からはじまりました。

 新旧石器時代から古代の古朝鮮・扶餘・辰国、檀君神話そして三国時代(高句麗、百済、新羅、伽耶諸国)のお話し。ハ先生の専門は高句麗だそうですが、しずかな語り口でお話しされる語り口に出席者も真剣に耳を傾け、レジュメに目を通していました。

 

 おはなしの最後は、高句麗から高麗にかかわる日本のことでした。

 高麗が朝鮮語で「コリョ」と言うようですが、そこから来た言葉の「狛江」という由来は知っていましたが、埼玉県の「新座」は「新羅」から来た言葉だということも初めて知りました。

 

 出席されたみなさんも真剣にお話を聞くうちに時間の4時少し前になってしまいました。懇親会の場を駅前に移しましたが、カンパイのあと目の前のものを食べることになりますが、ハ先生は一向に箸をつけません。だれかが「今日の講師ですから、まず先生からどうぞ・・・」といっても食べません。よくよく伺うと「私より年上の方がいらっしゃいますので、わたしはそのあとで・・・」ということです。合っているかどうかわかりませんが、これが朝鮮民族に脈々と流れ続いてきた「儒教思想」というものだと感心してみていました。

 

 久しぶりに真剣に聞いた(いや、いつもなのですが・・・)お話しで清々しい気持ちになっておいしいものを飲み、且つ食いました。

| シルクロード講座の報告 | 03:30 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE