シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< いま新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭―― | main | いま新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭―― >>
いま新疆シルクロードは地獄と化している!! ――あるウイグル人の慟哭――

これからご紹介する文章は「次世代 総研」というところが発行したものです。

私は世事に疎いものですから、上記の団体あるいは出版社が、どのような性格のところなのか知り得ません。しかし、現在のウイグル問題については、かなり正鵠を得ているものと判断しましたので、そのままコピーして掲載します。ご了承ください。野口

 

2014年07月01日 更新

 中国の民族問題といえば、チベット問題を想起する読者も多いだろう。しかし近年では、ウイグル人を巡る民族問題も緊張を高めている。相次ぐウイグル人による事件を受け、中国は全国的な「対テロ戦争」を宣言した。しかし戦うべき敵はもともと存在しなかった。武断的な支配によって中国が自ら生み出してしまったものでしかない。民族や階級、地域といった境界線を強化し「内なる敵」を生み出してしまった隣国の失敗を日本は繰り返してはならない。

 10年以上にわたり「テロとの戦い」を続けるアメリカ。しかし、いまだにその泥沼から抜け出せずにいる。
 そして今、中国も国内の少数民族ウイグル人との「テロとの戦い」にのめりこもうとしている。ただし、両国には大きな違いがある。海外の脅威と向き合う米国とは違い、中国はその武断的統治により国内に「テロリスト」を作り上げてしまったのだ。
 中国を覆うウイグル人への恐怖とは何か? その背景とは? 日本に対する影響とは?
 これらの問題について考えて行きたい。

 

 中国を覆うテロの恐怖

 

多民族国家・中国には漢民族以外にも政府に認定された55の少数民族が存在する。その一つがウイグル人だ。

 ウイグル人の人口は政府発表で約800万人。その大半が中国西部の新疆ウイグル自治区に居住している。
 ウイグルの名を冠する同自治区だが、総人口約2200万人のうちウイグル人は40%あまりを占めるに過ぎない。入植が進む漢民族と人口ではほぼ拮抗している。
 (筆者註 ウイグルの人口は実際は1000万人を超えているといわれている。また、漢族の占める人口比は、とっくに5割を超えていると思える)。


 中国の民族問題というと、チベット問題が取り上げられることが多かったが、昨年からウイグル問題が緊迫化している。主要な事件だけでも以下のとおり続発している。
 
 2013年10月28日、天安門車両突入事件。ウイグル人3人を乗せた車が天安門前に突入、炎上。容疑者を含め5人が死亡した。
 2014年3月1日、昆明駅暴力テロ事件。ウイグル人5人が刃物で通行人を殺傷、29人が死亡。
 2014年4月30日、ウルムチ駅自爆事件。容疑者2人を含む3人が死亡。
 2014年5月22日、ウルムチ市朝市自爆事件。容疑者4人を含む43人が死亡。
 2014年6月20日、ホータン地区検問所放火事件。警官5人が死亡。
 2014年6月22日、カシュガル地区警察ビル車両突入自爆事件。容疑者13人が射殺された。
 
 他にも派出所襲撃事件、デモと警官隊の発砲など情勢緊迫を伝えるニュースは枚挙に暇がない。いつ市民を巻き込むテロが起きても不思議ではない。そうした恐怖が中国社会に広がっている。

| ウイグル情報 | 07:02 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE