シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 安田純平さん解放の報。本人を追い詰めるあらゆる対応を控え、心的外傷の治療を最優先すべき | main | 100万人のウイグル人やカザフ人たちを救って! >>
シルクロードの“秘境”探検に行ってきました

   先日の1日のこと、“シルクロードの秘境”と私が名付けている古代朝鮮研究の一環として、小平市の朝鮮大学校へ行ってきました。今回はクラブの仲間3人と一緒です。

 

 朝鮮大学校講演会としたテーマは「北と南、海外の歴史研究交流の経験と展望について」。

 ひとことで言えば、南北に分断させられた朝鮮半島で、日本など国外での歴史研究を交流して今後の研究を展望しようというものでした。

 

 クラブの仲間に話すと、すぐに3人が「行く」と言いました。

 大学に着くと、先日10月の「日本シルクロード文化センター」での「シルクロード講座」でお話ししていただいた河創国(ハ・チャングク)先生が入り口で出迎えてくださって、小一時間かけて博物館の案内をしてくださいました。

 

 私は前回,この博物館を見ていたのですが、初めての3人は興味津々。博物館は建物の2階にあるのですが、講演会の会場は4階。

 

 はじめは会場の前方にチラホラだった座席も、次第に席が埋まっていき、朝鮮大学校の研究者たちは無論ですが、日本人の研究者や関係者も次第に多数座っていきました。最後には学生たちが入場してきて広い会場はいっぱいになっていました。およそ300人はいたでしょうか。

 

 講演がはじまりましたが、「これは失敗だったかな?」と思うようになりました。

テーマから言えば、いわゆるシルクロード=古代研究の話がないことはもちろんですが、南北の歴史学界における研究交流ですから、私たちの知らない世界の話ばかりでした。それは、却って当然かもしれません。

 

 興味深い話では、70年以上の分断の下でも、歴史研究分野での大きな違いはあまり多くないということでした。これは驚きでした。

 

さらに、南北関係が極度に緊張していた時期でも、この分野の研究者の交流は中断することなく進められてきたということも驚きでした。

 

もう一つはクラブの仲間が3人もこの講演会に出席してくださったことでした。これは望外の喜びでした。

これを機に、今後も“秘境”探検に力を入れていきたいと思っています。

 

| 古代朝鮮の歴史 | 09:44 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE