シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< シルクロードの“秘境”探検に行ってきました | main | シルクロードの音楽を堪能しました >>
100万人のウイグル人やカザフ人たちを救って!

26歳のカザフ人学生、ボタ・クサインさんとその家族は、2013年に中国・新疆ウイグル自治区からカザフスタンへ移住し、そこで幸せに暮らしていました。ところが、2017年11月、父親が治療を受けるために同自治区へ戻ったきり、帰ってきませんでした。

 

3カ月後、「再教育のために」強制収容所へ送られたことを親族から聞かされました。父親の消息は、依然として不明です。

 

ボタさんの話は、めずらしいものではありません。

中国・新疆ウイグル自治区では現在、100万人にのぼる人々が、不当に拘束されているとみられています。その多くはイスラム教の信仰を持つウイグル人やカザフ人たちで、宗教・文化を大切にして暮らしている人たちです。

この拘束は、国家と中国共産党への政治的忠誠を強化させるために、信仰や文化的アイデンティティを捨てさせようとする中国政府の取り組みの一環です。

 

100万人にも及ぶウイグル人やカザフ人たちの不当な拘束をやめるよう、中国政府(駐日中国大使)に要請してください。

 

新疆ウイグル自治区では、治安強化の名の下に「脱過激化条例」が2017年3月に制定されました。それ以前から行われてきたウイグル人たちの収容などの弾圧は、この条例制定以降、さらに激しさを増し、ボタさんの父親のようにテロや過激派と無関係の人が、大量に拘束されています。

 

この条例は禁止事項として、「正常でないヒゲを蓄えること」「公共の場で全身を覆うニカブや頭を隠すヒジャブを着用すること」などを列挙しています。同条例のもと、「定時にお祈りすること」「イスラムやウイグル文化に関する書籍を所持すること」「飲酒を断ること」「国外へ留学すること」「国外と連絡を取ること」も、「過激派の徴候である」と見なされかねません。

 

ボタさんの親族も、疑われることを恐れて、連絡を絶ってしまいました。

条例は2018年10月に修正され、収容先として「職業技能教育研修センター」が設けられることになりました。同センターについて自治区人民政府主席は、「テロと宗教的過激派を育む環境と土壌を取り除くことを目的に、共通語(中国語)教育、法知識教育、そして職業訓練を無料で行っている」と説明し、上述のような大量拘束を正当化しようとしています。

 

しかし、同センターでは拷問や虐待が行われており、死者すら出ているという情報が、ひっきりなしに寄せられています。

| ウイグル情報 | 03:20 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE