シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 100万人のウイグル人やカザフ人たちを救って! | main | 日本に伝わる前の仏教知る鍵 ウズベキスタンで壁画発見  >>
シルクロードの音楽を堪能しました

 

 会場の設営は役員みんなでやります。

 

 11月10日の土曜日、日本シルクロード文化センター恒例の「シルクロードの集い2018」を開きました。

 内容は佐藤圭一(ちゃるぱーさ)さんのお話しによる「アフガニスタンの歴史と音楽」の講演。

佐藤圭一さんのお話しは、とても分かりやすいアフガニスタンの歴史でした。前回のアフガニスタン大使館の館員による“アフガニスタンはこの世の天国だ”式のお話しよりもよほどわかりやすい内容でした。

 

続いて、「アフガニスタン:歌と音楽と踊り」。

やぎちさとさんが加わって「ちゃるぱーさ」としての歌と演奏、そして若い女性2人「シャランシャラン」によるアフガニスタンの踊りがありました。

「シャランシャラン」のお2人。左が上村菜々子さん、右が中井夏美さん

 

ちゃるぱーさの演奏ではお2人の息の合った演奏とともに、真ん中にちょこんと座っている息子のあきら君の姿が印象的でした。彼も両親と一緒に演奏しているのでしょうね。

ちゃるぱーさ一家です

若いうちから鍛えなければ・・・割りばしでお酒をお口に

 

若い2人のうちの1人、上村菜々子さんは狛江市の隣の調布市で美術の先生をしながらアフガン舞踊をしています。もう一人は中井夏美さん。

菜々子さんと話し合ったことがあります。

狛江市で毎月続けている「シルクロード講座」をとなりの調布市でも開きたい、と。“いつでも全力で応援するから・・・”と言ってはいるのですが、なかなかうまく進みません。そのうち、うれしいお知らせができるかもしれません。

 

 

 2番手は「アミン&慶九さん」のお2人。

題して「ペルシアの詩・声・弦の響き」。

アミンは東大大学院で放射線分野の研究をしている学者の卵ですが、幼いころから民族音楽を学んでいる青年です。

 歌法は、西洋音楽と違った歌い方。特に余韻のところで、さらにバイブレーションを駆使しての歌法が印象的でした。

アミンと慶九さん

懇親会であきら君と遊ぶ慶九さん

 

慶九さんは、変わった名前ですが、イラン留学中に名付けられたニックネームだそうです。

わたしは会ったことがないのですが、慶九さんはまるで「紫式部」を現代版にしたような方。“不思議な魅力を持った謎の女性”とでも言えそうな人です。

 ここでは「マーフール旋法」という何やら難しい演奏法の説明などもあり、イランの音楽を堪能することができました。

 

 

 最後がお馴染みの「モンゴル舞踊研究会」による踊りと馬頭琴の演奏です。

 主宰のマンダブインさんと佐藤淳子さん。もうお2人とも小さな子どもを持つママさん舞踊家です。そして馬頭琴で初出場のアラタンチロさん。38歳。

モンゴル舞踊研究会の佐藤淳子さん

マンダブインさん

馬頭琴演奏のアラタンチロさん

 

 今回のイベントは昨年まで、多くのグループに出演していただいたので、一つのグループの演奏時間が20分ほどの短いでした。

 

分かりやすいアフガニスタンの歴史のお話しと、今回は出演を3グループに絞ったので30分×3グループの舞台を堪能することができました。

参加者の皆さんにとっては、かなり贅沢な時間だったと思います。

 

 一方で、昨年より少なかった演奏者も含めて40人前後という参加者ですが、やはりアフガニスタンやイランとなると、国際的な紛争や内戦、テロや「制裁」などのマイナスイメージがある地域です。自然と人が集まるようなものではありませんでした。それは先刻承知だったのです。これまではウイグルやモンゴルの踊りや演奏が重点でしたので。ウイグルの歌と踊りと演奏は、当人たちが出演することに勇気のいる情勢になっているからです。日本でもどこでも中国当局(大使館や特殊なメンバー)の目が光っているからです。

そして、私たちの広報力にも限度があります。

 

 シルクロードだから人が自然に集まってきて、歌や演奏や踊りなどを見たいという状況にはなりにくい国際情勢に変化してきているのです。

 そして私たちのイベントも10数年続いています。毎年の常連さんたちも高齢化してきていますし、マンネリ化しつつあります。

 

 次回からは、それらのところをじっくりと検討していきたいと思います。

| シルクロード | 03:23 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE