シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 日本に伝わる前の仏教知る鍵 ウズベキスタンで壁画発見  | main | 国際世論でウイグル民族の救援を >>
日本に伝わる前の仏教知る鍵 ウズベキスタンで壁画発見(11月18日の朝日新聞の見出しから)

※ここからは野口の文章です。

 

2016年8月のこと、キルギスからの帰国の途次、ウズベキスタンのブハラ空港に着きました。そこで、見たことのあるような、ないような高齢の方を見かけました。

 

それが加藤九祚先生でした。いまで思えば病気のために痩せておられ、風貌が変わってしまった九祚さんの前を何度か、行きつ戻りつして、ご本人であることを確認してから話しかけました。「九祚さんじゃないですか。こんなところでお会いできて・・・」と話しかけました。「おやおや野口さん。どこからお帰りですか?」のような会話を交わしました。

九祚さんは、立正大学のメンバーとご一緒でしたので、それ以上話すことは控えましたが、これが私が九祚さんとお会いした最期でした。

 

先生の遺志を引き継いで活動されている立正大学が中心となった今回の壁画発見を、天国の九祚さんは目を細めて喜んでいることと思います。

 

加藤九祚さんは創価大学を退職されてから、研究活動を続けるためにご苦労されていましたが、奈良の薬師寺さんの協力がありました。その後、私も奈良を訪れたことがありますが、先生の研究への執着が多くの者を引き寄せたのだと思います。

 

私たち日本シルクロード文化センターは、毎年1月の講座には必ず九祚さんをお呼びして、終わってからの懇親会でもしたたかに飲んだものです。そして、二次会は成城学園のなじみの店でした。

そしてもう一つの研究団体「パミール中央アジア研究会」でも、会の設立者でした。

ここでも講演をお願いしてからの懇親会では、いつも心から楽しそうに飲んでいました。

まさに、高歌放吟  2011年1月のシルクロード講座終了後の懇親会で

 

晩年になってからの九祚さんは、『アイハヌム』を読み上げるだけの状態になりましたが、私たちは九祚さんにお会いして、一緒に楽しく酒を飲むことが何よりの楽しみになっていたのでした。

もう20年近く前になりますが、1999年、九祚さんが「南方熊楠賞」を受賞した際、吉祥寺のホテルで祝う会を催した時のことを、忘れることはできません。九祚さんは心の底から嬉しそうな表情でした。

今回、カラ・テペでの壁画発見は、この九祚さんの長年の苦労が報われたものだといえます。

 

わたしや私を含めた何人かはテルメズでお手伝いをしたいといったことがあるのですが、ことごとく断られました。それはこの発掘現場はウズベクの軍の基地の中にあるからです。それで私はすっぱりと諦めることがきました。

 

しかし、加藤九祚の夢はやっとかないました。わたしや多くの友人たちはそのように思っていることと確信しています。

この内容を詳しく知り、実物に対面できる日が訪れることを心から待っていたいと思います。

 

ウズベクの空港で偶然お会いできた時のことが、今でもまざまざと思いだされます。

九祚さん、ほんとうによかったですね。おめでとうございます

狛江のなじみの店で・・・

 

| シルクロード | 05:14 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE