シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 強制収容所からの生還者の生の声を聞きました | main | 強制収容所からの生還者の生の声を聞きました >>
強制収容所からの生還者の生の声を聞きました

  今回からは、国際アムネスティや水谷尚子さんのリポートによるリポートなどを含めて私の意見を書かせていただきます。

 ホータン郊外の農民「日本は水が多いだろうから、それをこっちに持ってきてくれよ」といわれました

 

 私たちが昨年、久しぶりのシルクロードツアーを企画していたところ、いつも同行してくれるガイドのNさんから国際電話が来ました。「野口さん、ツアーを中止してください」と。「いろいろ難しいことがあるからだろうね。じゃあ、僕が1人で行くというのはどう?」と聞くと「それも無理ですね」という返事でした。彼とはそれが最後の連絡になりました。それほど私や私たちは新疆の情勢が実際上の大問題として存在しているのだということを呑み込めていなかったのです。

 

 その前に新疆へ行ったのはいつのことだろう。もうしばらく行っていません。新疆の情勢が風雲急を告げていることがわかっていたからです。その前から私は、水谷尚子さんのように、いつ北京空港で「入国禁止」に会うかわからないとい危険性もあったので、新疆行きを控えていたからです。

 

 すでに2014年頃からホータンやカシュガルでは、街の中心地にコンクリート製の防護壁がつくられ、完全武装の軍警の兵士が小銃の引き金に指をかけて「警備」をする姿が目に焼き付いていたのを見ていました。そういう兵士を素でのウイグル人が襲うわけがないのにです。目的と狙いは一般のウイグル人に、「テロをするものがこんなにいるんだから、みんなも警戒しろ」ということなのです。

 

私は水谷さんのように世界ウイグル会議の主席を日本縦断講演会に案内するようなことはしていませんでした。具体的な反中国政府や党にたいする活動ではなく、文章で中国批判をしているから大丈夫ではないかと思っていたのですが、もうウイグル人やカザフ人らに対しては、その範囲をとうに超えていることがわかってきました。実際に共産党員でもあった弁護士たちの多くが拘束されていたことを見れば明らかでしょう。

 

 アムネスティ国際ニュース10月16日によると「この1年、中国政府は、新疆ウイグル自治区のウイグル人やカザフ人らに、主にイスラム教徒である民族集団について、大量収容、住民などの立ち入り禁止、強制的な政治教育や文化的同化などを進めてきた。収容されている人たちのほとんどの家族は、本人の消息や安否を知る由もなく、しばしば、事態の悪化を恐れ、口を開くことはない。

 

新疆ウイグル自治区での弾圧が強化されたのは、昨年3月、同自治区で『脱過激化条例』が制定されたことが契機だった。同条例のもとでは、公私の場を問わずイスラムやウイグルの宗教や文化にかかわる行為を、『過激派』だとみなされ得る。そのような行為には、『異常なひげ』の蓄え、全身を覆うヒジャブの着用、定時の祈り、断食や禁酒。宗教や文化にかかわる本や文書の所持などがある。外国、特にイスラム教徒が多い国での就業や留学、あるいは国外の人たちとの通信や接触も、条例違反を疑われる大きな理由となっている」とレポートしています。

 

本気でそのようなことを考えて『脱過激化条例』を制定したのであれば、すべてのウイグル人やムスリムの少数民族がその対象になります。恐ろしいほどのジェノサイド政策です。ポルポトもヒトラーもスターリンも脱帽です。

 

 新疆ウイグル自治区人民政府主席は10月16日、ウイグル人やカザフ人ら100万人にも及ぶイスラム教徒らが送り込まれた収容所について、「無料の職業訓練校だ」とコメントしました。

 この発言は。強制収容所であることを示す数多(あまた)の証拠を否定するもので、被収容者やその家族に対する侮辱である。政府が組織的にウイグル人らを拘束している事実は、隠しようもない。

 

 大勢の人びとが収容されているこれらの収容所群は、明らかに懲罰や拷問のための施設であり、職業訓練所ではありえない。『収容所で暴行や食事はく奪、独居拘束などを受けた』という報告が絶えない。その結果、被収容者は多大な苦痛を強いられている。

 当局は、速やかに収容所の実情を明らかにすべきである。

 同国際ニュースから

 

カシュガル市内で

あるオアシスのホテルの入り口にいた女性。

| シルクロードの光と影 | 09:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE