シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 強制収容所からの生還者の生の声を聞きました | main | シルクロードの世代交代 >>
強制収容所からの生還者の生の声を聞きました

 11月29日付のしんぶん「赤旗」に「手足に鎖、8カ月で体重が半減 『新疆ウイグル自治区』中国のイスラム教徒拘束 告発」という記事が、国際欄の1ページの半分近くを占めて、11月23日に開かれた明治大学での講演会の模様を掲載していました。

今年9月にカシュガルへ旅行した日本人旅行者が撮影したという

大量の「監視カメラ」の列です。 

 

 私はかねてから“同じ共産党を名乗っているんだから、誤解されるといけないからウイグルの現状を報道をしてほしい”と、私のブログや小論をメールで送りました。

 台湾の先住民族の反乱事件「霧社事件」についても書き送ったことがあります。

 

 今回のウイグル問題(本当は、中国問題、なのですが・・・)についても注目していましたが、これまで2〜3の小さな記事があった以外は、初めての大見出しの記事でした。これは高く評価したいと思います。

 

 おそらく、記者が実際に目にしたことでなければ、他社の記事やネットの記事を参考にしては書けなかったのでしょう。メディアとしては当然のことなのですが・・・ 

 記事の内容は、私が書いた内容と同じでした。恣意的なものは何もありませんでした。

 

 これらの一連の大弾圧事件、民族を丸ごと消滅させるような目的をもって行われていることは、どうやればやめさせることができるのでしょうか?

 

 中国国内のウイグル民族自体は、“声を出せば拘束され、殺される”かもしれない状態です。もっと具体的に言うと、イスラム教徒であるウイグル人たちが、クルアーンを口に出せば(クルアーンは声を出して読むことを義務付けています)、毎日の決まった時間に礼拝をすれば、そして女性は頭にヘジャブをまけば、拘束です。これではすべてのウイグル人、トルコ系民族やペルシア語を話す民族は、全員が拘束されてしまいます。あたりまえの宗教活動ができません。

 

それであれば、中国国内の主として漢民族が立ち上がらなければなりません。彼らも 同じように中国の党と政府から、中国憲法と党綱領にも明記されている民族の平等、言論、出版、集会の自由などがあるからですが、それはもうとっくに名目上のことで、モノ言えば唇寒しどころか命さえも危うい状態です。

 

 そうであれば、日本やアメリカ、EU各国の先進国や民主主義が確立している国際社会が中国政府に圧力をかける以外ありません。

 しかし、我が国のメディアには「忖度」をモットーとするメディアが少なくない数で存在しています。そうでない大新聞社でも、中国国内での取材に困るからと、これも「遠慮」して書かないところがあります。

 

 日本にいるウイグル人はどうでしょうか。

 2月9日に池袋で行なわれた、世界ウイグル会議主席のラビア・カーディル講演会では驚きました。あれは右翼の集会だったのです。日の丸と君が代が歌われれば、それはだいたい右翼の集会ですが、そこに多くのウイグル人が出席していたのです。

 座っている日本人の多くは、街頭で「ヘイトスピーチ」をするようなメンバーです。

 かれらウイグル人たちは「わたしたちウイグル人を応援してくれる人は、だれでもいい人」と思うでしょうが、中には頭の先からつま先までズッポリ右翼に染まり切っているウイグル人もいるのです。残念なことです。

 

 “溺れる者藁をもつかむ”という言葉がありますが、日本の政治状況や政党分布などに疎(うと)いウイグル人(おしなべて外国人はそうですね)は、飛びつくわけです。

 中国共産党に反対だから「反共」「反中国」と単純なのです。そこに右翼が甘いエサを投げるのですから、カンタンに引っかかります。そうであってはならないのですがね。

しかし、23日の集会にも多くのウイグル人がいました。2月9日の講演会には顔を出さなかったウイグル人がいたのです。そして彼らは私の知り合いが多かったのです。とてもうれしい気持ちでした。

 

 そのウイグル人ですが、在日のウイグル人でさえもが分裂状況です。

 カザフスタン、トルコ、アメリカやスウェーデンなどにいるウイグル人の「国際組織」は、互いに主導権争いをしていてまとまりません。これでは「力」になりません。

 

 いま大切なことは、

すべてのウイグル人がまとまること。

統一した指導部を持ち、世界共通の「方針」を持つことです。

それでなければ、“遠吠え”にすぎなくなります。

 

 そして、それに加えて重要なことが、国際世論です。

 いまは、あなたの応援が必要です。

 このままでは、ウイグル民族は絶滅します。

 

 

「反テロ」のスローガンがはためくカシュガルの街。

トラックには軍警の兵士たちが満載です。

バザールのひと時

| シルクロードの光と影 | 16:52 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE