シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 強制収容所からの生還者の生の声を聞きました | main |
シルクロードの世代交代

 明日12月9日は第98回目のシルクロード講座です。

 記録を振りかえってみると第1回シルクロード講座は2006年の5月でした。

 もうすでに12年も前のことです。その講座のテーマは「シルクロードって何?」でした。

 第2回は「西域を切り開いた人たち」、3回は「シルクロード探検史」などと続きました。

 

 そして来年1月は第99回。当然のこととして2月は100回記念です。

 果たして100回という節目が記念すべき時なのかという思いはあるのですが、ともあれ回を重ねてきて日本シルクロード文化センターは100回を迎えます。

 首都圏のシルクロード関係者の皆さんと各種のシンポジウムや集会などでお会いすることがあります。お会いする方がたも少しずつ減ってきています。そのうち私もその一人になるでしょう、間違いなく。この世界もやはり消長の波があります。その主要な原因は高齢化です。

 その団体やクラブの中心的なボスが高齢化で動けなくなったり亡くなったりすると、そのまま消えてしまう会があります。ですから、どこの世界でも同じなのですが、新しい世代の育成が必要です。

 そこで問題が起こります。若い世代の継承、新しい世代の育成の課題となると、古いボスが自分の歩んだ道を継承させようとする問題です。これでどこもうまくいかなくなります。

 私自身も、シルクロード研究の分野で、日本シルクロード文化センターの運営で、あるいは私の専門分野であるスポーツ分野でも気を付けなければ、“悪しき継承”につながりません。

 

 ともかく明日は師走の忙しい時でしょうが、時間があれば狛江(和泉多摩川駅)までお越しください。題して、

「青海チベットと寧夏回族自治区のカラホトの旅ー2018シルクロードツアー」報告:瀬戸山 修(クラブの役員です)さん。

 

目的地は、ここカラホト(黒水城)。でも10年前とは大違いで、

監視カメラは無数にあり、スピーカーでは怒鳴り声がわめき散らしていました。

”シルクロードは遠くに・・・”悲しい思い出になりました。

上海到着して、西寧行きの飛行機に乗り遅れました。

やけ気味でかわいい女の子と遊んでいました。

青海省の村の祭りでおばあさんたちと・・・

ガイドの夫の側のおじいさんとお嫁さんと娘たち

 

ゴビ灘の夕日は、すさまじいほどの美しさでした

| シルクロード | 11:35 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE