シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< テレビ東京が我が家を襲来 | main | “天国爺い”のこと >>
シルクロードと”醜女の深情け”

23日の朝日に(ひょっとすると22日か24日だったかもしれません)。

二段抜きの記事で「批判受けドラマ名変更」として次のような記事がありました。

大阪の読売テレビでは、来年1月から日本テレビ系で放送予定の連続ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」の正式タイトルを「人生が楽しくなる幸せの法則」にすると発表した。

 

インターネット上などで「ちょうどいいブス」という表現について批判が相次いでおり、変えたということです。

私が何を言いたいのかというと、もうおわかりのように「醜女(しこめ)の深情け」というタイトルは、米原万里ちゃんの著書のタイトルではあるのですが、私がこの言葉を使用することはよくないのではないかと思ったわけです。

 

いまは、セクハラ、パワハラの問題で世界中が揺れ動いています。

12月の98回目の「シルクロード講座」のあとの懇親会で、わざわざ大阪から来てくださった3月まで大学教授をしていた友人が同席しました。私の古くからのシルクロードの旅の友です。

すると拙宅の近所の86歳の老爺が、隣に座った彼女の肩に手をかけ、背中に回した手を上下に動かしたりし始めました。

私は「今は、それはよくないんだよ」と再三、言いましたが、「何言ってんだい、男はこれくらいしたっていいんだよ〜〜〜」ということで私の注意を聞きません。

 

団塊の世代から以降の人たちは職場などでの研修で、これらの事柄はセクハラ・パワハラだということを学びますが、それ以前の年代は学習をしていません。

しかし、学習をしていなくても、新聞やテレビなどでさんざんこれらの問題を取り上げていますから、それなりに理解しているはずです。

 

でも、いくら言われてもわからない人には、いくら言ってもわかりません。いや、わかろうとしないのです。そのような人びとがまだまだたくさんいます。

それらの男たちの一部が世界中で問題を起こしているのですね。

 

私もそれらについて、人にも言い、自戒もしているつもりなのですが、長い間の慣習はなかなか直りません。で、この「醜女」をやめようと思いました。

でもちょっと考えました。

親しい友人の著書のタイトルを使ったくらいで「セクハラ」になるのかなという思いがありました。

みなさんはどうお考えですか?

| コメント | 09:48 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE