シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< シルクロードと”醜女の深情け” | main | ウイグル人の年越し >>
“天国爺い”のこと

皆さんはテレビでよく見る「天国爺い」をご存知ですか?

 

1週間前の19日のこと。

久しぶりに「パ中研(パミール中央アジア研究会)」の例会に出席しました。

1〜2年ぶりくらいでしょうか。仲間の皆さんは「オーっ!野口さん!久しぶりですねェ〜」の連続。

 

この日のテーマは「世界の山を登り続けて」。お話しは、貫田宗男さん。

この人は「イモトアヤコ」のテレビ番組で、世界の山々へ行くときのプロガイドだそうです。

来年1月2日に南米のアコンカグア登山に出発する予定の三浦雄一郎登山隊のコーディネーター兼ガイドも務めるようです。

 

私も日本勤労者山岳連盟の事務局長の時には何度か彼に会いました。

テレビの「イモトなんとか」はあまり見ませんが、そこに彼が「出演」していたんですね。

これは2013年にアコンカグアに行った際の写真ですね。

 

 

そこでイモトさんから「天国爺い」と名付けられたようです。

なにか、登山中に彼女がトイレを済ませて出てきたところで叫んでいたことから始まったとのことでした。

それ以上の詳しいことは、例会後の忘年会でスッカリ忘れました。

 

彼のテレビ関係での話はどうでもいいのですが、それ以前の登山の話にはすっかり熱くなりました。

JECC(Japan  Expart  Cligmng  Club)の伝説の山男たちのクライミングの話。

日本・中国・ネパールのチョモランマ合同登山の時の話、

南極点到達といっても、南極点は直径で100kmくらいあるので、そのどこかへ行けば「到達」になるとのはなし、などなど。

 

忘年会会場から飯田橋駅までの間、彼と熱く語り合って分かれました。

久しぶりに午前1時の帰宅の「午前様」になりました。

| コメント | 01:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE