シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< “天国爺い”のこと | main | ウイグル人の年越し  >>
ウイグル人の年越し

 2011年の冬、私はウイグル人の友人の息子たちをガイドにしてタクラマカン沙漠一周の冬の旅をしました。カシュガルで別の友人の手配で26歳の青年の運転するタクシーをチャーターしてです。

 真冬のタクラマカン沙漠はマイナス10度から30度くらいです。

しばらく、冬のタクラマカン沙漠の風景をお楽しみください。

ロプノール近くの観光地ですが、このような光景です

111224 こんな人跡未踏の地にも、漢人の住宅が建てられている

111224  タクラマカン沙漠最果ての地にも道路拡幅工事の開発の手が・・

111224 チェルチェンの「楼蘭体育館」

111224 チェルチェンの博物館は「土曜日だから休館だ」って!

111224  石油スタンドの娘さんにカメラを向けると恥ずかしながらもちょっと・・・・

 

あと3日で正月です。月日が過ぎるのはまったく早いものです。

今年は特に私にとっても世界にとっても激動の1年でした。

まだ、年賀状も書いていません。いつも正月になってから書きます。

大掃除も今日からです。年末だからと言って大掃除をするのはおかしいと思っていて、あまりやりません。じゃあ、いつもやっているのかというと我が部屋も先週に半年ぶりに掃除をしたくらいですから・・・・

 

 しばらくウイグル人のことを書いてなかったので、私がウルムチで過ごしたウイグル人の正月風景を思い返してみましょう。

 

 もう7年前になるでしょうか、私は年末年始をウイグル人の親友の家にステイしていました。彼ら夫婦の大きなダブルベッドのある部屋の隣に部屋をあてがわれました。新疆生産建設兵団舞踊団の評判の踊り手であった美人の奥さんは、私が部屋にいても平気な顔でネグリジェのままで部屋を横切り、私がいても彼女はいつも彼に抱きついていってキスをねだっています。困ったものです。

 

 ウルムチの冬はマイナス10度から30度くらいにまで下がります。私が滞在していた時も、道路は固く凍り付き、粉雪が舞い、寒風が吹きすさんでいました。ですから靴も普通の靴では危なくて歩けません。

 

 特徴的なことは、年末はとくに大みそかは友人の家々をまわることです。

 私は友人の彼と2人でまわりましたが、これは女性はまわらないのでしょうか?よくわかりません。というのは、奥さんの友人の家までも私たち男2人がまわるからです。

 

 それぞれの家では、多くの友人がまわるので、ちゃんとした接待はできません。お茶とお菓子だけでした。ずいぶんとまわりました。10軒以上はまわったと思います。大体5分から10分くらいで失礼するのですが、彼は初対面の私を紹介するので、もう少し時間がかかったようでした。

 

 夜中の12時に新年を迎える時のことはよく覚えていません。

 むかし、大学に留学していたころは、時報が12時を示すと「新年好(ハオ)!」と叫んで互いに新年のお祝いをします。

 こういうことも聞いたことがあります。「そのとき、そこにいた女性にキスをしてもかまわない」と、幸か不幸かそれは実現しなかったのですが、かなりの間、本気にしていました。

 

次の写真は、ウルムチに帰り着いてからの冬のウルムチです。

111228 国際大バザール

111227  夜のウイグル人街の路上。車の上に衣料品を乗せて商売

111226 帽子売り場のおじさん

 

下の写真は、ウルムチの有名な舞踊家や女優さんたちの写真です。

私の友人の女性の歓迎会があったので、私も乱入しました。

合計19人の女性の集団は圧巻でした。

左は大阪の大学に10年間留学した女性、右は東京の大学に留学中の娘の母親。

111226  19人の平均年齢50歳の軍団はさすがに強烈でした

この仕草だけでも踊りの名手だと思えるでしょう?

 

 

 今にして思えば、懐かしいあれこれですが、現実は地獄の様相を呈しています。

 

 この写真に写っている方がたのどなたが、今でも街に住んで普通の生活をしていられるのでしょうか

 旅人から聞いた話では、ウルムチの街から成人の男の姿が見あたらないと言います。

 外国に行ったことのある者、

 家族が外国に留学しているもの、

 外国人と付き合ったことのある者、

 外国へ行ったことのある者、

 これらの人びとはみんな、「なんとか教育センター」という名の強制収容所に入れられているのです。

 

 なぜ、中国の党と政府は、このような前代未聞の、いや、ヒトラーやスターリンやポルポトはやったことがありますが、なぜこのような残虐な仕打ちをするのでしょうか。

 

答えはどうやら、「新シルクロード経済圏構想」いわゆる「一帯一路」政策にあるようです。

それについては、もう少し研究しなければなりませんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| シルクロード | 17:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE