シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 正月ももう終わりにしましょう | main | 獄中で甲状腺が >>
シルクロード三昧の日

 いやいや、1月12日の土曜日は朝からシルクロード三昧の日でした。

 

 順を追って説明しますと、午前は泉龍寺の境内にある「仏教文庫」というところで年一度の総会を開きました。

 私の知っている範囲で、日本のというより東京周辺で、私たちのような民間のシルクロード関連団体の存在と活動が、年々少なく薄れていっているのが実情だと思います。

 

 その原因は、主としてその団体やクラブを構成する人たちの高齢化です。そしてその団体を統括するリーダーや専門家の高齢化と志向のマンネリ化があります。さらにいえば、その団体・クラブと付き合っている“シルクロードファン”の高齢化現象もあります。 

 

 私たち「日本シルクロード文化センター」も決して例外ではありません。

 毎年恒例の11月の「シルクロードのつどい」も、昨年は過去最少の30人程度の参加にとどまりました。創立時は100人以上が詰めかけました。

仏教文庫で行なわれた日本シルクロード文化センターの総会出席者

 

 当日、総会に出席した11人の会員のうち、普段、パソコンを使っている人は4人。我がクラブのホームページを更新できる人は事務局長一人。しかも彼女は“今は多忙だから絶対無理”といって更新できない状態です。 

 このような状況を打開するには、みんなが一つずつテクニックを覚えてネット通信に長けなければなりません。“私はできない”では済まされないのです。

 それらのIT機器を駆使してシルクロードのネットワ―クを拡大していかなければならないのです。

 

 その日の午後はいつもの会場に移って第99回目のシルクロード講座です。

 この日は10年間もイランで音楽を学んでいた北川修一さんがタンブールやタールを演奏し、その友人のシューヘイさんがトンバクを演奏しました。

 この日は、彼らのファンなのでしょうか友人でしょうか、6〜7人の方がたが参加されました。

 イラン大使館のイラン語講座で一緒だったというリンボーダンスを踊る女性、どういうことか北京大学を出て18年も新疆にいたというドクターコースを出た女性、やはりかなりの期間、北京の大学で学んだという2人の女性も参加されていました。そして、今年イランに留学するという若い男性も参加されていました。

 

北川修一さん

トンバクを演奏するシューヘイさん

 

初めてお目見えする方がたもいました。

 

 そしてしたたかに日本酒を飲んで帰宅してからは、7時半からNHKプレミアムで「ヤグノブ渓谷の秘境に住む少数民族」というような番組がありました。

 半年ほど前、この番組を制作するNHK関連会社の社員から「ソグド人に関することを教えてほしい」という電話があり、何度かメールで私が執筆したソグド関連の論文や写真を送ったことがありました。 

 タジキスタンの首都ドゥシャンベから80kmほど離れたところに「ヤグノブ渓谷」があります。そこの住民がはるか昔のソグド人の末裔だということを私は10数年前から知っていました。しかし、それ以上のことはわかりません。

 帰宅後の酔眼朦朧とした中でテレビの録画を見たので、もう一度見なくてはならないと思っています。

NHKプレミアムの「シルクロード謎の民 大峡谷に生きる」 

 

テレビ画面をカメラに収めたものです。

 

 

 余談ながら、きのう13日は早朝、寒い中、川崎市の多摩川の河川敷で実施された「新春マラソン」へ挨拶に行きました。

 全国各地で実施されている私の所属するスポーツ団体の新春マラソンも、シルクロード分野における状況とあまり変わらず、全体的に参加者が減っています。

 

 11時前には帰宅して、こんどは両国の国技館です。12時ころから午後6時までずっと観戦です。わたしの関心事はもとより全国的な関心事は稀勢の里がどうなるかでした。

 プロカメラマンの若い女性が一人で仕切っているこの相撲観戦サークルは、小中学生から50〜60代の人まで幅広くいます。中心は30〜40代の主として女性が多いです。きのうは20人くらいが東の二階の一番うしろの座席で固まって観戦しました。

 

 私がまわりの仲間たちと予想をしました。「今日の稀勢の里は負ける。今場所はよくて9勝、最悪の場合は今日から3連敗して引退するかもしれない。大関陣は今日は3人のうち2人は負ける」と言いました。結果は3大関が負けて、稀勢の里も力なく負けました。暗雲が垂れ込めたというより、ほとんど絶望状態です。

私の後ろの座席には、稀勢の里応援団が席を占めて声援を送っていましたが・・・・

 

 しかし、場内の稀勢の里ファンは圧倒的です。懸賞金も白鵬の2倍以上の55本もありました。

 “日本人の横綱”に対する期待が大きかったと言いますが、白鵬以外の横綱も国籍は日本です。しかもこのグローバルの時代、日本人だからという選択肢はもう古いのではないでしょうか。

 

 しかも、アメリカ人やヨーロッパだとチヤホヤするけれど、アジア人だと“日本人より下”という考え方がどうしても抜け出せないようです。

 これを私は「欧米崇拝思考」と呼び、その克服を呼びかけています。相撲とは関係ないですが・・・・

| シルクロード講座の報告 | 11:11 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE