シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 長かった初場所 | main | シルクロード講座が今月、100回を迎えます >>
きのう、大事なことを書き忘れました。

稀勢の里が弱い弱いといっても、弱くなった原因の一つは、けがでした。

2年前の初場所で初優勝して72代横綱に昇進。その次の場所でした。13日目の日馬富士戦で左胸を強打して負傷し、救急車で病院に運ばれましたが、奇跡の逆転優勝。その後からの11場所では優勝争いに絡むことはありませんでした。

 

身体と体をぶつけあって戦う相撲ですからケガは付き物です。

じゃあ、どうすればいいのかという対策が主催者側にはありません。

親方の多くは「稽古が足りないからケガをするんだ」というばかりの非科学さ。

 

いま大切なことは、「力士の公傷制度」です。ケガをしたら協会が責任をもって治す。

ケガで休む。これを保障することは経営者側としての当たり前の最低の義務です。休場しても格下げにしないで今までの地位を保証することです。

会社員が仕事でけがをしても「労災制度」があるように、相撲も労災だと位置付けることが協会には必要です。

 

もう一つは、これは皆さんからは賛成を得にくいのですが、本場所が多すぎます。巡業も多すぎます。

けがを治す時間と余裕がありません。治ったケガを癒す時間もありません。

一場所を10日くらいに短縮して、年4場所くらいに減らすことが必要です。

大相撲のテレビ中継となるとソファに寝そべって、絶対に動かない私ですから、相撲を見る機会が減ることは気乗りしないのですが、力士の相撲寿命を考えれば仕方がないと思います。

 

長い歴史を保ってきた大相撲ですから、それくらいの大改革をしないと、21世紀の奥深いところまで、いや、22,23世紀までずっと続けて行かれないかもしれません。それを確認することも私にはできませんが・・・

いま、相撲界は改革が必要です、小手先の改革ではなくて、です。

 

角界はいま大変動の時期に来てしまいました。

稀勢の里が引退し、鶴竜老い、白鵬も曲がり角に来ています。2020東京五輪までもたないかもしれません。

 

大関陣はもっと悲惨です。豪栄道と高安は今場所初日で私が予測したように、栃の心も含めて見事にそろって黒星を喫しました。結果も見てのとおりです。

 

それにひきかえ大関昇進を逃したものの、最有力の貴景勝と今回の玉鷲。

休場したものの復帰して勝ち越した御嶽海、それに続くのは北勝富士、阿武咲・大栄翔・炎鵬・劉電や阿炎などなど・・・

 

嵐、でさえ来年末に解散を宣言しました。

時代は確実に変化を示しています。

これを受けて立つ協会側は、力士よりも早く改革をすすめなければなりません。

それに加えて大切なことは相撲フアンの自己変革です。

外国出身の力士も含めて、大相撲に加わってきた若者たちを温かく迎えてあげてください。

迎える側が変わらなければ何も変わらなくなります。

お願いします。

 

| 大相撲を論ず | 09:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE