シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< きのう武蔵野市で「シルクロード」をお話ししました | main | モンゴル行きに備えてポケトークを買いました >>
ハクビシンとの戦い

安住・安眠であるはずの我が家で、またもやハクビシンの襲撃に遭っています。

私と奥さんとのそれぞれの部屋で、夜中に屋根がゴトン・ゴトンとうるさいくらいです。いつかの夜は真夜中にあまりにもうるさくて寝られなく、鉄の棒で下から突いて脅かしていました。

 

あるとき彼はビックリして足を踏み外したのかひっくり返っていたようです。たたかいの毎日なのか、共存の毎日なのか楽しんでいました。しかし、天井裏で糞をしてオシッコを出されると天井裏の木の部分が腐ってきます。それで、先日、市役所に相談して業者を紹介してもらいました。

 

我が家のある狛江市や多摩川の向こう側の稲城市などでもハクビシンの被害は大きいようで、稲城市特産のブドウは15%ほどが食われてしまったそうです。ナシも被害甚大とか。

電線の上でも、もちろん樹の上でもスルスルと歩けます

 

 

ハクビシンは各所で目撃情報が相次いでいますが、かつて「SARS」(重症急性呼吸器症候群)の感染源として疑われたこともあるということで、捨てられたり、野生化したケースもあるようです。ものすごい甘党だということで中国では「菓子狸」と言うそうです。ジャコウネズミ科ですね。こんな知識が増えても仕方がありませんが・・・

 

いま必要なことは、 ̄舵佞韻呂靴覆ぁ↓家に住みつかれないように侵入する可能性のある穴はふさぐ、ことが大切だといっています。

ハクビシンの分布図です

 

 

それが拙宅では、18日に業者さんがわたしの部屋の天井をぶち抜いて天井裏に上がってみたところ、ちょうど私の机の真上の天井裏に5キロほどの糞がたまっていたそうです。大漁です。“ご主人の人のいいところに付け込んで”4〜5年も住みついていたようです。我が家の家風は“先客万来”ですから仕方のないことかもしれないと思っていました。

真ん中が私の机の上部分です。その天井に穴がつくられました。

業者が天井裏に入り込んで「発掘」したハクビシンの糞です。

なんともかわいい顔をしていますね

 

ハクビシンの特徴は、拙宅のような住み心地のいいねぐらを3〜4ケ所持っていて2〜3週間ごとに移動するようです。この4〜5日はお留守のようです。まるで遊牧民ですね。

 

でも費用は16万円!

| コメント | 03:12 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE