シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ハクビシンとの戦い | main | シルクロードの講演で困っています >>
モンゴル行きに備えてポケトークを買いました

 「ポケトーク」という名称は紛らわしいものです。

 私は初め“ポケッとした者がトークをする”意味かと思っていました。

 しかし、ネットでの宣伝やテレビでもCMが流れ出して意味がわかりました。

1ケ月ほど前、夜中に起きてなんとなくテレビを見ていると、ポケトークのCMがありました。私は意を決して受話器を取りました。ポケトークです。

 36,500円です。ハクビシンの工事代金と合わせると約20万円の出費。

 痛いですが、このポケトークは7月末からのモンゴル行きには欠かせないと思ったからです。

 

 自分が話した言葉がモンゴル語になって相手に伝わり、相手のモンゴル語が日本語に翻訳されてこちらに伝わってくるからです。

 しかし、いくらトリセツ(最近はこんな言葉もわかるようになりました)を見てもわかりません。わかろうとする意欲もおきないのです。

 

 しばらく放っておきました。しかし代金を払わなければなりません。

 近くの「パソコンデポ」で使い方を教わりました。すると大変なことがわかりました。

 

 ポケトークは世界74ケ国の言語を翻訳できますが、モンゴル語はダメだということが分かったのです。

 それはないですよね。年金生活者が大枚36,500円も出して買ったのですから、使えないなんて・・・トホホです。

 

 返品を考えたのですが、トリセツにはこうも書いてありました。

「開梱してからは返品できません」と。開梱しなければ使えないなんてわからないのに、どうしてそうなるんだろうと思いました。

「開梱前の返品はご相談できますが、開梱してからの電話問い合わせはできません」とも書いてありました。なんとひどいことだろうと思いましたが、仕方なく払いました。

 

 2日前、スポーツ仲間との勉強会がありました。

 ちょうどフランスからスキー関係の代表団が来るので、通訳を探すのに苦労したということを聞きました。

 私はポケトークの顛末を話しました。みんな大笑いしていましたが、フランス語の会話に使えるということで、私が一度も使わないうちに、無料で長期貸し出しということになりました。

 メデタシ、メデタシ!

| コメント | 17:42 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE