シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 3月10日、11日というこの頃 | main | カザフの大統領が突然やめた >>
森安通信 読者各位               190315

 

今日は少し長文ですが、森安通信をコピーしてお送りします。

なお、必要でない個所については割愛させていただきました。

森安先生、怒らないでください。

赤字の部分は私が色をつけました。

 

 以下は学問的な話です。21世紀になって私は「日本におけるシルクロード上のソグド人研究の回顧と近年の動向(増補版)」(森安孝夫編『ソグドからウイグルへ ──シルクロード東部の民族と文化の交流──』汲古書院, 2011, pp. 3–46)という学界動向を発表し,その中で「日本の学界にとってショッキングな出来事は,2002年にドラヴェシエールÉtienne De la Vaissière『ソグド商人史』Histoire des marchands sogdiensがパリで出版され,しかもその執筆者がフランスの若手研究者だったことである.本来なら,このような単行本はソグド研究の長い伝統と分厚い蓄積がある日本で真っ先に出版されてしかるべきであるのに,完全に先を越されてしまった」と書きました。その本が,ついに日本語で読めるようになりました:

 

影山悦子(訳)『ソグド商人の歴史』岩波書店,2019年2月。

吉田豊教授の神戸市外大時代の教え子である影山さんの御苦労には心より感謝します。ただし価格が18,500円と高額で,内容もプロ向けですので,大学の図書館や歴史研究室では是非とも備えていただきたいものですが,高校教員にはお薦めできません。

 

 今年2月17日に,奈良の大和文華館で開催された遼代の墳墓出土品と平安文化をつなぐようなシンポジウムがあり,これまで飛鳥・奈良時代に中国から渡来してきた緯錦(よこにしき)の技術が,日本国内で独自に進化して倭錦と呼ばれるものになったと考えられてきたが(これもいわゆる国風文化),実は新発見の10〜11世紀の遼代墳墓から出土した染織品の中に同じ技術のものが多数存在することが判明したそうです。

 

一方,アメリカでは藤原氏の建立した宇治平等院の建築や壁画が,チベット仏教(敦煌仏教)や遼仏教の強い影響を受けているという博士論文が出されているそうです。

そうなると,従来は無視されがちであった遼帝国(契丹)と平安日本とを結ぶルートのあった事が予想されます。その場合,当然ながら,対馬・壱岐が浮かび上がってきます。近年は遼・高麗・日本を結ぶ仏教文化の交流が注目されていますが,上川通夫・愛知県立大教授によれば,「遼・宋・高麗の混成商人団」が媒介した可能性もあるそうです。誰でも知っている13世紀モンゴル時代の「元寇」に比べ,1019年の「刀伊(とい)の入寇」という事件の背景は分かりにくいのですが,「遼・宋・高麗の混成商人団」を裏返して考えてみれば,何かが見えてくるのかも知れません。

 

 最後に,前回の森安通信(2019年2月3日配信分)で紹介した帝京大学主催のシンポジウム「シルクロードを掘る──いま蘇る,いにしえの道」に残念ながら参加されなかった方には朗報となるお知らせをします。

妹尾達彦・中央大学教授が主宰される公開シンポジウム「ユーラシア考古学を楽しむ」の案内が届いたのですが,その趣旨は,「近年におけるユーラシア大陸の考古学の進展には,目を見張るものがあります。遺跡の発掘が続き,新たな事実が次々と明らかになってきています。本シンポジウムの目的は,ユーラシア大陸の各地域で発掘にあたってきた各分野を牽引する研究者に集っていただき,ユーラシア考古学の現在に迫ること」だそうです。

 

日時:3月30日(土) 12:30〜18:30

会場:中央大学多摩キャンパス 2号館 4階 人文科学研究所会議室 1

 〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1 多摩モノレール「中央大学・明星大学駅」下車徒歩5分

参加費無料

 

プログラム

 12:30-12:40  妹尾達彦(中央大学人文研研究員) 「趣旨説明」

 12:40-13:40  林 俊雄(創価大学教授)「ユーラシア考古学を楽しむ」

 13:40-14:40  山内和也(帝京大学教授) 「スイヤブと砕葉鎮城」

 14:50-15:50  岩本篤志(立正大学准教授)「バクトリア北部の仏教遺跡と玄奘 −立正大学の発掘調査から−」

 15:50-16:50  清水信行(青山学院大学名誉教授) 

         「沿海州渤海古城 クラスキノ城跡の調査成果と課題」

 

 [討論]

 17:00-17:20  松村公仁(アナトリア考古学研究所研究員) 「アナトリア考古学から」

 17:20-17:40  佐川英治(東京大学教授) 「東洋史学から」

 17:40-18:00  小林謙一(中央大学教授) 「日本考古学から」

 18:00-18:30  総合討論

 

 私はこれに参加することを決め,終了後の懇親会にも出ますので,もし会場でお会いできれば幸いです。遠慮なくお声をかけて下さい。

                 不具    2019年3月15日      森安孝夫

 

3月30日には私も参加する予定です。

会場でどなたかとお会いできれば幸いです。(野口)

| シルクロード | 09:50 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE