シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 森安通信 読者各位               190315 | main | 「モンゴル」は大忙し >>
カザフの大統領が突然やめた

 3月19日の外電で、中央アジア・カザフスタンのナザルバエフ大統領が辞任するというニュースが入った。AFP・時事の外電から拾ってみよう。

指導力維持し、権力移行目指す=突如辞任のカザフ大統領

 

 【モスクワ時事】中央アジアのカザフスタンで30年近くにわたり実権を握ってきたナザルバエフ大統領(78)が19日、突如辞任を表明した。ナザルバエフ氏は辞任後も安全保障会議議長と与党党首の職にとどまることから、指導力を維持しながら、来春の大統領選に向けて後継者の選定と権力移行を目指すとみられる。


 ナザルバエフ氏はソ連カザフ共和国で1980年代に頭角を現し、共和国最高会議の投票で90年に大統領に選出された。ソ連時代末期に当時のゴルバチョフ大統領がナザルバエフ氏を副大統領に指名しようと考えていたと伝えられるほどの実力者で、91年に初の直接選挙で当選して以降、これまでに5選された。

カザフスタン共和国初代大統領・ナザルバエフ
任期 1991年12月1日〜2019年3月20日


 ナザルバエフ氏の指導力と石油などの豊富な天然資源でカザフは中央アジア諸国の中でも高い経済成長を遂げた。一方で長年権力を握る同氏が年齢を重ねるにつれ、後継問題が大きな課題として浮上。任期は2020年4月までだったが、自身の年齢もにらみ今回の決断に踏み切ったもようだ。同氏は辞任表明した19日のテレビ演説で「私の今後の課題は新たな世代の指導者の出現を確実なものにすることだ」と強調した。


 後継候補としてはナザルバエフ氏が16年に上院議員に任命した長女ダリガ氏の名前が挙がる。ただ、ナザルバエフ氏の親族に富と権力が集中していることには批判があり、同氏もかつて米メディアのインタビューで「子供たちへの(大統領職の)継承は想定していない」と述べている。国の要職や与党党首を務めながら、後継候補を絞り込んでいくとみられる。
 ナザルバエフ氏辞任を受け、20日にトカエフ上院議長が大統領代行に就任。上院はダリガ氏を後任の上院議長に選出した。

 これには、後日談がありました。

 22日の朝日では、大統領代行に指名されたトカエフ氏は、カザフスタンの首都名称を、退任したナザルバエフ氏の長年の功績をたたえるために、アスタナからファーストネームの「ヌルスルタン」に変更するように提案しました。

 

 こういった提案は、ほとんどがそのまま採用されるのが、半分、独裁国の通例となっています。

 しかし、異変が起こりました。23日の朝日外電では、この首都名を変更する法案が国会で可決された問題で、これに反対する市民ら約80人が当局に拘束されたと伝えています。

 

 私は1989年に、二度にわたりカザフスタンの当時の首都アルマータ(現在はカザフ語のアルマトゥ)に行き、私の所属する山岳連盟の2つの登山隊の遠征と200名からなるトレッキング隊の派遣についてミーティングをしたことがあります。

近代的なアルマトイの街並み(ネット写真借用)

20世紀初頭に建立されたロシア正教会に属するゼンコフ教会。

木造の建築物として世界で2番目の高さを誇る

私もよく散歩しました(2009年5月撮影)

 

 1998年に首都を現在にアスタナに移しましたが、理由は、まだ若い天山山脈の造山運動による地震に備えて首都を移したことになっています。

 

 しかし、当時の国政世論では首都移管によってナザルバエフ自身の功績とする目的もあったといいます。

 

 彼、ナザルバエフは、ソ連が崩壊する直前にゴルバチョフ大統領から副大統領に任命されるという段階にまで出世していたソ連共産党中央委員会の有能な幹部でした。当然彼は、カザフスタンの党書記長としてモスクワ入りしていたわけです。

 

 ソ連崩壊後、彼はカザフにおいて「民主化」をすすめて、見事に新生カザフスタンの大統領に横滑りしたのです。それ以来ずっと30年にわたって現職でしたから、独裁色が強まるのもうなずけます。それを許してきたカザフの市民の民主主義にも問題があります。

貯金もだいぶできたので、娘は親しいものにその地位をゆずって安穏な生活に浸ろうというわけです。

 独裁者はほとんどの場合、自分の名前を印象付けようとします。

 

 わが国でも、新元号に首相である自分の苗字の一つを加えようとしているという「噂」もあります。

 

ここからの写真も、野口が2009年5月に撮影したアルマトゥのものです。地図は除きます

市内の小学生たち

赤印がセミパラチンスクの核実験場

セミパラチンスクの核実験で生まれた「奇形児」

木造の「民族楽器博物館」

私が初めて行った1989年のときは、この「オトラルホテル」が最高級のホテルでした。

私たちの案内をしてくれた旅行社の幹部は、当時、ここから出てきた共産党幹部の

乗る乗用車を足で蹴っていました。

みんなソ連共産党が憎しみの対象でしたので、大嫌いでした。

市内の中央バザールの風景

アルマトゥ空港から見える天山山脈の支脈のアラタウ山脈

これは1989年に撮影した、当時の空港ターミナル

| news | 10:51 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE