シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< カザフの大統領が突然やめた | main | 中大の考古学シンポに行ってきました >>
「モンゴル」は大忙し

まだ4ケ月先の日本シルクロード文化センター主催のモンゴル・ツアーの参加者が23名になりました。

このツアーで旅行会社にお願いするのは、モンゴルの首都・ウランバートルへの直行便の航空券だけ。あとは主として私が実務を引き受けています。

 

7月の旅とはいえ、とにかく自分の分も含めて23人分の航空券を確保することが最優先。メールのある方、ない方。電話でもつかまらない人、おまけに我が家のFAXは目下故障中。

 

こんなすったもんだの末に、みなさんの登録が終わりつつあります。

パスポートに記載されている漢字とローマ字つづりの正しい名前、パスポート番号と有効期限、それに加えて住所、固定電話と携帯電話の番号などなど。

まあ〜この作業が2カ月近くかかりました。実務とはいえ大変でした。

 

それにしても、モンゴルの旅というものが、こんなに人気があったとは思いもよりませんでした。

始めは、2〜3年前に、ブナの木を見る自然愛好サークルに「白神山地は素晴らしいよ」と言っていたので行くことになったのですが、その下見に参加した女性の方がたから「モンゴルに連れて行って!」とせがまれたのです。

そして昨年末から、モンゴルへ行くことを前提にあれこれ調べ始めたのですが、その時点から参加希望者がどんどん増えていきました。

 

しかし、海千山千の方が多いのでいろいろ大変です。

有効期限というのは、旅行が終わる時点から半年先まで有効なパスポートでないと入国できない仕組みになっています。

それを、「私のパスポートは今年の11月まである。8月2日に帰ってくるのになんでダメなんだ!」と怒鳴りつけられる始末。なかには、1〜2年前に切れているパスポートの写真を送って来て平気な猛者のおば(あ)さまも2〜3名いました。なかにはパスポートを持っていない方もいました。立派なことです。

 

先日は全員の方がたに、色々な文書を送りました。

モンゴルの歴史、「モンゴルが人類史に果たした歴史的役割」や、かつての旅日記、それにあれとこれと・・・

一昨日は参加費の請求を忘れていたので、その文書と一緒にふたたびあれこれ郵送です。

 

ここで気づいたことがあります。

5〜6種類の文書をプリントするのですが、その紙代(約700枚の紙を使いました)とインク代がバカになりません。インクなどは、キャノンならキャノンの純正部品でないとだめというブザーが鳴ります。おまけにタカ〜〜イ!!!

独占禁止法違反で国会で取り上げてもらいたいくらいです。よくみなさん黙っていますね。どこのメーカーの製品だっていいじゃないか!といいたいですね。

 

そしてみなさんには始めに「おことわり」を強調しておきました。

この旅は旅行会社のパックツアーではないこと、自分と仲間たちで一緒に作り上げる手づくりの旅であることです。あまり言いたくはないのですが「個人責任」の旅だということです。

 

「23名もの参加者ですから、添乗員が必要でしょう?」と言ってくださった旅行社を退職された元添乗員の女性が言ってくれました。残念ながら初めからそのつもりであれば予算建てしたのですが、残念ながらおことわりせざるを得ませんでした。

 

そして4月13日の恒例の「シルクロード講座」は、モンゴルに特化したものになりました。

題して「モンゴル遊牧民の暮らしと文化」。お話は、「NPO法人北方アジア交流センターしゃがあ代表」の西村幹也代表

 

うちの奥さんもこの旅に参加するのですが、彼女が図書館から借りてきてくれた西村さんの著書『もっと知りたい モンゴル』(心交社 2009年刊)を読んでいるところです。

 

6月1日(土曜日)午後には、参加者のなんというか『結団式』のようなことをします。

ここでは、先に書いた元添乗員の方から、旅のもろもろの留意事項や注意事項、さらには簡単なモンゴル語の授業やあれこれを行います。

| モンゴル関連 | 11:46 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE