シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 第101回シルクロード講座「モンゴル遊牧民の暮らしと文化」報告 | main | ハヤリンバヤル異聞 >>
きょうこの頃と5月のシルクロード講座のお誘い

ずいぶん、ブログを書かないで過ぎました。

私の関係しているスポーツ分野の仕事で大阪へ2回も往復しました。

 

7月24日から出かけるモンゴルの旅の準備が最高潮だったこともあります。

まったく、シルクロードとスポーツ分野の二足のワラジという生活スタイルは、多忙という副産物しか産みません。

でも、それも覚悟の上の生活。甘んじて「多忙」を楽しんでもいます。

 

自宅では、メールでですが、九州や北海道あるいは岩手県や石川県など、全国各地と連絡を取り合っています。

私の構想や戦略が着々と実を結びつつあります。

 

このころは、改元ということでメディアは大騒ぎ、というか狂想曲。

テレビもこれにしがみついて、大騒ぎ。一体どうしたことでしょう。

これで1〜2週間過ぎれば、改元など忘れたかのように、次のターゲットに絞って、また別の騒ぎをすることでしょう。

 

そういう私は、連休の時くらいは孫娘が来なくてはいけないと思っています。

娘に電話すると、向こうで夫に向かって「また、おじいちゃんの禁断症状が出たみたいよ」と会話しています。

親に向かって何を言うのか、と思いますが、事実ですから仕方がありません。

おばあちゃんの料理のお手伝いです。ノリをかけたくらいですが、大満足のようでした。

「久しぶりだからハグしよう」といっても、もうダメでした。

それが、お母さんとはこの通りです。冗談で「おじいちゃんともそうしよう」でも、ダメでした。

 

外出しないときは、テレビ番組で改元に関係のない番組を探すのに苦労していました。

それにしても「テレビ東京」は、首尾一貫して独自の、独特の編集方針を堅持したまま放映をしています。

しかし、この改元では皇室という一私人の行事を政府が「国事行為」として扱うなど、憲法違反を数々と犯しています。

いるかいないか事実関係のわからぬ「祖先」に報告をするのは、まったくの個人問題でしょう。

改元されて、一番最初に動いたことは、各種消費食品の値上げ攻勢です。

焼酎に割るウ―ロン茶も値上げです。

 

イチャモンはこれくらいにして、事務局長が作成してくれた5月のシルクロード講座のお知らせです。

 

日本シルクロード文化センター会員の皆様
シルクロード講座等行事に参加されたみなさま

シルクロードファンのみなさま

 

狛江市では道の両側に市民の手で植えられたハナミズキとつつじが美しい季節となりましたが、みなさんのお住まいの所では、いかがですか。

5月のシルクロード講座のご案内です。

第73回の「アフガニスタンを知るつどい」で「シルクロードの十字路・・・アフガニスタン」で講演をしていただいた創価大学教授の林 俊雄先生にお話をしていただきます。

中央大学の考古学シンポのときの、林 俊雄先生です。

    102回シルクロード講座

草原遊牧権力の発生

講師:東洋文庫研究員の林 俊雄さん

草原の騎馬遊牧民は強大な軍事力をもって隣接する南方の定住農耕地帯に脅威を与えました。

彼らの間で紀元前1000年前後に最初に権力が発生した経緯を大型古墳の造営という観点から話していただきます。

日時:5月11日(土)13時〜16


場所:狛江 みんなの広場(狛江市東和泉2-20-12 えのき2番館1階)

   小田急線・和泉多摩川駅徒歩5分

   地図 http://silkroad-j.lomo.jp/kouza/hiroba.jpg

参加費:1,000 円

| シルクロード講座のお知らせ | 09:35 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE