シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ハヤリンバヤル異聞 | main | 「負けないで」! >>
ウイグルの報道とは・・・

きのうの朝日新聞朝刊を見て驚きました。一面のトップの記事です。

ウイグル族女性「私は中国人」新疆ウイグル自治区「再教育施設ルポ」という記事が躍りました。

“やっと朝日もウイグル人の苦しみを理解して報道するようになったか〜〜”と驚きながら読みました。

 

記事の内容は中国当局の主張をそのまま掲載しています。

取材先は南疆カシュガルの市街地から30分ほどのシューロー県(漢字のシューローの文字が出てきません。ローは「勒」)にある「職業技能教育訓練センター」です。

これがきのうの「朝日」です

 

余談ですが、私が新疆に一人の友人もいないときに、初めて単独で新疆を訪問したのが、この県の県庁でした。驚くことにカシュガルの空港に着くと、県長自らが出迎えてくれ、トヨタのランクルが2台、乗用車が3台もわたしを出迎えてくれました。わたしを、かなりの日本の大物だと思ったのでしょう。毎日、大歓迎。朝・昼・夜の食事も大変豪勢なものでした。しかし、私が嘘をついたわけではないのですが、大物ではないと分かってからは、ウイグル人の中国語通訳の青年一人が付き添ってくれただけでした。しかし、そのおかげでウイグル人の実際の姿を知ることができたのです。

 

記事ではまず「週1帰宅も可」として当局の言い分をそのまま載せています。なんということでしょう。いま、国連の舞台をはじめ日本でも大きな問題になっている客観報道がないのです。これは中国当局を忖度していることの何ものでもないことだといえます。

 

囚われているウイグル人たちが、外国取材陣の前で本当のことを言えると思うのでしょうか。「私は私の意に反して囚われている」と。もちろん、取材に制限があることをわかります。

 

2007年7月5日のウルムチにおける残虐な殺戮の後日、“夫が帰ってこない”と100人余りの主婦たちが、各国取材陣の前に口々に訴えました。世界の報道は、その主婦たちをいっせいに報道しましたが、翌日から彼女たちの誰一人として人前にも家族の前からも姿を消したことを報道してはいません。

2009年7月のウルムチ市街地で「夫を返して!」と叫ぶウイグル人主婦たち

軍警の弾圧にも負けまいと抵抗する主婦たち。

彼女たちはこの日を境として姿を消した。

 

朝日の特派員がそれらのことを知らないはずがありません。

これはどうしたことでしょう。まさか中国当局を慮ったわけではないでしょうね。

 

昨日今日の在日ウイグル人はこのことを大騒ぎして批判しています。

いわゆる、ネトウヨも、ここぞとバカラ朝日を攻撃しています。

朝日よ、これらの批判・攻撃にきちんと反論せよ!

 

 

| ウイグル情報 | 11:37 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE