シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 「負けないで」! | main | 官邸は大相撲協会も支配したか ―主役は朝乃山だ!− >>
伊藤 蘭さんのこと

 きのうの土曜日の朝、TBSテレビの「サワコの朝」という番組で伊藤蘭さんが出演しました。40数年ぶりに歌手として再デビューするということで評判になっています。64歳になっています。

この写真は、たぶん「キャンディーズ」の頃のでしょう

 

最近の蘭さん。(今日の4枚の写真は、いずれもネットからのものです)

 

 その番組の後半で、サワコさんが、蘭さんの娘の趣里ちゃんが小学校時代に、小夫婦で芝居をしたというエピソードが紹介されました。蘭さんは「学校から芝居に出てくれと言われて驚いたのですが・・・」というエピソードが紹介されていました。

娘の趣里ちゃんと蘭さん

 

 これには一緒に朝食を食べていたうちの奥さんがのけぞって驚いていました。

彼ら夫婦の娘の趣里ちゃんの担任が彼女だったのです。彼女が趣里ちゃんを通してお父さんの水谷豊さんとお母さんにも出てもらいたい、とお願いしたそうです。

 

 それで、両親は驚いたけれど快諾をして出演したとのこと。脚本はワイフが書いたのですが、「小坊主」の役を蘭さんにとお話したら、お父さんのほうが「それはわたしのほうがよいでしょう」といって代わったそうです。

私は彼のドラマはあまり見ませんが、豊さんは良い夫です

 

 脚本はうちの奥さんが書いたのですが、彼女も舞台経験があるので、結局3人で出演したとのこと。何回か稽古をしたようですが、そのとき彼ら夫婦は、その稽古のために10日間くらいスケジュールを開けて稽古に専念したと言います。

 学校では大評判になって、稽古のたびにいろいろなクラスが代わる代わる「見学」に来ていたとのこと。我が家にも来たことがあります。

 

 ただそれだけのことですが、蘭さんがその数十年前のことをインタビュー番組で話すのも驚きですが、いまだにその時のことを鮮明に覚えているのですね。

“年を取ると昔のことはよく覚えている”ということなのか、それともそのこと自体が驚きのことでいまでも鮮明に覚えているのかわかりませんが、今度会ったときに聞いてみましょう。

 

 私は以前に、そのことは聞いていたのですが、よく覚えていることは、彼ら夫婦は互いに尊敬しあっていて、呼び方も互いに「蘭さん」「豊さん」などと呼び合っていました。とても素敵な夫婦でした。

 きょうはシルクロードと関係のない、ミーハーな話ですが、蘭さんと豊さんの夫婦のあり方について書きたかったのです。

ここは2011年6月のホータン郊外の「ラワク遺跡」でのうちの奥さんです。

彼女は写真嫌いですので少ないのです。

 

| コメント | 05:15 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE