シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 八甲田へ行ってきます | main | アリナさんがテレビのレギュラーになったようです >>
7月13日は、林俊雄先生の「遊牧国家とは何か?―匈奴を例として―」の講座です

少し早いですが、7月のシルクロード講座のご案内です。

 

下の表示は、日本シルクロード文化センター会員やシルクロード講座の常連の方がたに送っている内容です。

わが事務局長が毎月、作成してくれます。

私はこのうちのはがき大のものを利用して、主に会員でない友人たちに送っています。

PC技術が下手なもので、表示の中の写真部分を出すことができませんが、それは当日のお楽しみに・・・・

 

5月の講座で林先生のお話を伺ったのですが、この講座には過去最高ともいえるほどの多数の聴講者が参加されました。

これに味を占めたわけではありませんが、私自身が林先生のお話をいつも聞かせていただいてきたので、その喜びを皆さんと共有したいと思っただけです。

 

今回は初めてのことでしたが、林先生から事務局にアンケートが来て、騎馬遊牧民の歴史がいいか、考古学的なものがいいか、など三択を迫られました。

私たちのクラブは、主に歴史的なことを主に学んできましたから、全員が下記のような内容を選択しました。

また、多くの関心ある方がたのご参加を呼びかけます。

 

2019年6月18日 野口信彦

 

日本シルクロード文化センター主催
シルクロード講座のお誘い

シルクロードの歴史に興味をお持ちの方、シルクロードを旅したいと思っている方、
日本シルクロード文化センターでは、毎月1回シルクロード講座を開催しております。
ラクダに乗った隊商が沙漠を行き交うというイメージとはひと味違う、シルクロード諸民族の歴史、現代シルクロードの真実をともに学び、そこに住む人々の生活や文化を楽しみませんか。 どうぞお気軽にご参加ください。

                  -->

第104回:2019年7月13日(土)13:00〜16:00 みんなの広場

シルクロード講座

「遊牧国家とは何か?―匈奴を例として―

 

講師:林俊雄(創価大学名誉教授・東洋文庫研究員)  

第102回の講座が好評で、その場で7月にもう一度林先生に話していただく事になりました。

<要旨>
匈奴以降モンゴル高原に興った遊牧国家は、南の大国、中国と比べると経済力・人口の点で圧倒的に劣っていた。
それにもかかわらず、なぜそれらの遊牧国家は中国と互角に対抗し、ときには中国をしのぐほどにまで強大な勢力となったのか。
それらの最初に興った匈奴を例として、その国家体制、社会制度、軍事組織、経済構造、風俗習慣、宗教観念などを明らかにする。
使う資料は主として漢文史料(史記と漢書)だが、考古学資料も併用する。

   

 http://silkroad-j.lomo.jp/kouza/image/20190713-1.jpg
http://silkroad-j.lomo.jp/kouza/image/20190713-2.jpg

四重の土塁と壕で囲まれた匈奴時代のイヴォルガ集落址。 ロシア連邦ブリャーチア共和国の首都ウラン・ウデの中心から南西へ11km、セレンゲ川の旧河床の西岸にある。

後半は質問と交流の時間です。

 参加費:1,000
 場所:みんなの広場」(小田急線和泉多摩川駅徒歩5分)
 東京都狛江市東和泉2-20-12
えのき2番館 1F

地図はこちら

<問合せ・申込み> 野口まで 電話:03−3480−4478 携帯:080−5483−6740
E-mail:silkroad_japan(a)silkroad-j.lomo.jp

| 遊牧騎馬民族 | 10:31 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE