シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ウイグル人の血の叫びを聞きました | main | ウイグル人の血の叫びを聞きました >>
ウイグル人の血の叫びを聞きました

この集会の中心メンバーは水谷尚子さんです。今朝見た彼女のフエースブックでは、こんなことがありました。

集会を取材したいメディアには「登録」をお願いしてきたが、ただ一社フジテレビだけが、何度言っても登録をしないで会場に来て、無断でウイグル人をロビーに連れ出してインタビューをするなどの行動をとったと非難しています。

水谷さんのフエースブックには、そのフジテレビの報道がありました。そこには櫻井よしこという怪物までいました。

 

反共を是とする会社ですから、掟破りまでしてそのような行動をとるということは、“あのフジテレビだからそういうことをするんだよな”と思う人もいると思いますが、声を上げて批判しなければなりません。

私は重いカメラを担いでいったのですが、おかげで一枚も撮影しませんでした。

 

10人近いウイグル人の証言から

イリハムさんは私が昔からよく知っている人です。

・多くの在日ウイグル人が困難に陥っていることの一つが、パスポートの期限が切れているということです。中国大使館に行くと「自分の故郷に帰ってパスポートを更新しろ」というが、帰ればそのまま拘束されることは明らか。

・もうひとつは頻繁な「無言電話」。それは暗に「お前の動きをすべて把握しているから黙っていろ」という脅かし。

・きょう、ここで承認に建てるのは私を除いて9人くらい。それ以外の数千人の在日ウイグル人は恐怖におびえてここに立てないでいる。

☆きのう私のメールにも「野口さん、新疆のおいしい料理が懐かしいですよね。今度一緒に新疆へ行きませんか」という怪メールが来ていました

☆このパスポート問題は、現在日本政府は、期限が切れても延長を黙認しているという状態になっています。以前、エジプト政府はパスポートが切れたウイグル人を強制送還しました。このような措置をとるのでなく、自動的に延長を認めてほしいということが彼らの希望だといいます。

ウルムチ事件10周年を期して

ウルムチ騒乱事件では数千人が行方不明になっていますが、政府は百数十人の死者と偽っています。

この事件のあとかなりたってから北京の中央民族学院の教授をしているウイグル人がアメリカのメディアの取材に答えて逮捕され、無期懲役になった事件が起こりました。

・現在の状況のもとで、100万人くらいが拘束されているといわれていますが、ウイグル人はもっと多いと感じているようです。2〜300万人ではないだろうかと。

・その中で特徴的なことは、ウイグルの独自の文化を支える著名人が特に多いことです。そのような著名人が大量に一斉に姿を消すということがこの問題の特徴のようです。

・2か月、3か月前に、突如として拘束されて行方不明になった家族の元へ、死を知らせてきました。当局は「彼(彼女)が自主的に再教育を受けに来た」という。このように家族や親族の関係がグチャグチャにされているのが現在の新疆のウウイグル人家庭です。証言はまだまだ続きます。

何人目かに登場したイリハムさんの妻

彼女の兄は42歳、新疆大学卒業。

18年1月、兄夫婦と次兄の嫁が突如行方不明に。

19年5月に釈放されてきたが、それ以降、行動が規制されている。

範囲は彼らの住む団地内だけに限られています。

心臓を適出される恐怖 あるウイグル人

兄が友人の誕生祝いに行って、そこでそこの家族とともに拘束された。兄は若いので、最も恐れたことは「臓器移植」で心臓を取られることだった。

子供が留学しているので・・・・

彼女の兄は新疆大学の教員だったが、ムスリムの食堂でハラム(豚肉の入らない料理)の食事を食べると罪になるという。豚肉しか食えないという拷問状態になっている。

2〜3日後、ウルムチの母親に「なぜ、娘が日本に行っていることを言わなかったのだ」と脅かされた。その母は脳梗塞で倒れたので、19年4月に替わりに姉が拘束された。

 

証言はまだまだ続きます。

| ウイグル情報 | 11:14 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE