シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ウイグル人の血の叫びを聞きました | main | きょうからモンゴルへ行ってきます。帰国したら報告を書きます。 >>
第104回シルクロード講座 7月13日(土) 「遊牧国家とは何か?――匈奴を例として――」 講師:林俊彦(創価大学名誉教授・東洋文庫研究員)

第104回シルクロード講座 7月13日(土)

「遊牧国家とは何か?――匈奴を例として――」

講師:林俊彦(創価大学名誉教授・東洋文庫研究員)

 

今回の講座は、5月に林先生をお迎えしてのシルクロード講座が大好評だったため、その場で7月の講座をお願いして即諾していただいたものです。

 

今回のテーマは表題の匈奴を例として学びました。

この日の講座の特徴は、従来語り継がれてきた「匈奴」の国家としての成り立ちを司馬遷の『史記』の「史記匈奴列伝」などをパワーポイントで映しながらの講義でした。

さらに『漢書』も『史記』を受け継いで書かれていったということにも触れていました。

 

忘れたとはいえ、多少、中国を学んだ身としてもかなり難解な漢文の史記でしたので、なじみのない方にとってはかなり大変だったろうと思います。しかし、これがシルクロードを考古学の視点から学ぶということの難しさだといえます。

 

匈奴の存在が知られたころ、その周囲には東胡と月氏という強大な遊牧勢力がいました。その左右に位置していた2つの遊牧勢力を巧みな作戦と戦術で打撃を与え、やがて当時の漢に対抗するまでになり、やがてこれを凌駕するまでに至った歴史を史記にもとづいて進めました。

左端が講師の林先生。腕組みをしている背中の黒シャツの男性は、仕事の残業続きで、やっとシルクロード講座に出席できた31歳の青年会員

 

 

この日は11日後に迫ったモンゴルへの旅の参加者のうち、初めて講座に参加して「シルクロードなるものに触れるのは初めて」という方がいました。また、練馬区から参加した入会したいという方、あるいは講座に参加してもおしゃべりや居眠りに忙しい方などもいましたが、改めて聞く講座の話に聞き入っていた人がほとんどでした。

会場は補助の椅子を出すほどの大盛況でした。

 

この日の受講者は今年2番目に多い22名でした。

左が練馬区から参加された入会者。真ん中がモンゴルツアーに参加する「シルクロード初見参」の女性。

 

 

次回は(8月は暑いのでお休みです)9月14日です。

ウイグル人のアフメットさんや彼の奥さんあるいは友人たちが、いま行われている新疆での強制収容のことなどについてお話しします。

関心の高いテーマですので従来の会場では入りきれない可能性がありますので、9月に限っては狛江駅前の泉龍寺境内にある「仏教文庫」で開催します。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

| シルクロード講座の報告 | 11:36 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE