シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< きょうからモンゴルへ行ってきます。帰国したら報告を書きます。 | main | 2019年 モンゴル大草原の旅 >>
2019年 モンゴル大草原の旅

 

7月24日 

“長〜い長〜い、私の準備の1年が終わった”これが、モンゴルへの旅がスタートした私の実感である。

1年がかりのツアー準備期間があった。

まじめな話、私は非常に几帳面な性格なのだが、気になったことは最後まで処理しないと気が済まない、いや、気になって寝られないのだ。どんな細かいことでも気になって眠れない性格である。ときには、ベッドの上であることを思い出して“明日の朝には必ずやる”と思っても忘れてしまうことが、ママある

総勢18人のツアーは初めて。しかし、何人かを除いてはほとんどの人は知っている方がたである。そして、成田で集合した18人の面々はウランバートルへ向かった。

 

初日 25日 久しぶりのウランバートルの街

 

東京はこの日7月24日に梅雨明けしたようだが、モンゴルへの空は、まだ梅雨空

ウランバートルの「チンギス・ハーン空港」へ

10年前と比べて空港の施設は格段と良くなっている

 

 

 ウランバートルの街は、かなり近代化が進んだといわれているが、私にとっては10年前の街とあまり変わらない。

 ガイドは20歳と5歳の男の子2人の47歳のママさん、ムンフデウル(女性)(MUNKHDUL)。ウランバートルで日本語を学んだ。

 

 彼女はさっそく、みんなをバスまで案内し、スーツケースを運んだり

小さな体でコマねずみのようにはたらく。

ホテルへ向かう途中、渋滞が原因なんだろう。隣の乗用車と先頭争い。大きなバスのくせに幅寄せをし、頭から入り込むなどしている。少し接触されてしまった。大きな声で言い争っていたが、小さなことで他車と小競り合いをするなどとんでもない。

 

日本の道路に慣れていて、歩行者優先、他車優先を貫いている私にとっては、これは全く理不尽で危険な運転である。

18人の外国人観光客を乗せて走るのに、他車と争い、前へ行くことに血道を上げるなどとは、とんでもないことである。

ガイドには「こんな危ない運転をするドライバーはクビだ!」という。翌朝、ホテルに来た女性のバヤル社長にも同じことを言ったが、ここはドライバーが「自車持ち込み」で運転するもの。繁忙期の今となっては、おいそれと代わりのバスなどない。それを知っていて話すのだから代わりのバスが決まるわけはない。バヤルもはじめから“そんなことできるわけがない”という顔をしている。

親友のI氏が体調が急変したと奥さんのI子さんからの知らせ。

たまたま同行の士のⅯ氏が整体の先生なので急遽、見てもらう。下記はⅯさんから帰国後の手記である。

 

夫はウランバートル到着直後に突然の体の異変に見舞われ、妻は成田到着後に荷物紛失という災難に…。

 ☆野口注=妻I子さんは、帰国の成田で自分の荷物を他の乗客に間違えて持って行かれてしまったので、私も含めて最後まで担当職員と行方を探していたのです。結局間違えた乗客からの連絡で翌日には解決したのだが・・・

Iさんの体調異変も短い時間のエピソードに見えると思いますが、おそらく通常なら確実に救急車もので、しかも救急車で病院に運ばれてもたぶん簡単には解決できなかったはずの症状で、病院ではまず各種の検査に時間がかかり、その原因を突き止めることさえ難しいので1日や2日の入院は不可避だったと思います。

そうなれば、その後の全行程に置き去りになる可能性もあっただろうと思っています。

ああいう場合の整体の威力は実際、驚くべきものがあると私自身は今も思いますし、あの場に居合わせてよかったと思います(これを私が言うのも変ですが、野口さんには今後のために一応お話しする次第です)。 

実は、あの翌日の朝、ゲルから食事に出かけようとした瞬間に、同宿のKさんが突然、脚の強いヒキツレを起こして苦しみましたが、これも瞬時に解決して、何事もなかったかのように2人で食事に出かけました。 

そんなことが重なったせいもあったのか、私自身も4日目か5日目の深夜、真っ暗なゲルの中でいきなり床に転倒し、側頭部と肩をかなり強く打ったのですが、旅の日程や緊張のなかで十分手当てできずにいたため、帰国翌日から痛みだし、38度の熱まで出るに至りましたが、今はうまく経過しつつあります。

ちなみに、整体では打撲の影響を非常に強く警戒し、後々の内臓の異変の元にもなると考えています。

 

 

この日はホテル泊。

私も体調が悪いのでバスにも入らずに、着てきた衣服のままベッドに倒れこむ。

| モンゴル関連 | 04:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE