シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 2019年 モンゴル大草原の旅 | main | 2019年 モンゴル大草原の旅 >>
2019年 モンゴル大草原の旅

2日目 26日 ブルド・ツーリストキャンプへ

私たち日本人は贅沢が身についているなどとは決して言わないが、初めての参加者にとってゲルの生活はかなり厳しかったと思う。文句ばかりいう複数の女性がいたからである。

 

電気はついたりつかなかったり、ドアはよく閉まらない。ストーブは、マキを加えることが普通だが、ほとんど忘れられるのでずっと寒い。雨の中、懐中電灯をつけてトイレへ行かなければならない。わたしはトイレの帰り道、小石につまずいて転んだ。旅行中はずっと「バンドエイド」を張りっぱなしであった。わたしはやっと4日目にシャワーを浴びた。

初見参の方にとってのゲル生活体験はいかばかりであったろう。

 

ブルド・ツーリストキャンプまでの車の旅は320辧迫り来て、去り行く大草原の景色を肌に感じながら、みな感動の面持ちだった。雨や「マッサージ道路」との称号を与えられた悪路など頭に入らぬほどの面持ちである。

果てしのない大草原、青い空と黒い雲!!!

悪路の先に羊、ヤギが「邪魔」してくれている。かわいいものだ

 

大きめのゲルのレストラン。手前左側のK老は87歳で参加。

我が家のすぐ近くに住んでいる。大酒を呑み、たばこをプカプカ。

とんざ不良老人であった。

 

途中「オボー」に立ち寄る。

これが道の途中にあったオボーである

 

オボーとは、一種の標柱といえようか。小さくはない石が積み上げられ、道の途中にある少しだけ小高いところにある。

オボーは宗教的にはチベット仏教と共通するものであり。山岳信仰やテングリという宗教的な意味を持ちつとされている。

 

テングリ=精霊とは中央アジアのキルギスやカザフそして新疆ウイグルの国境にある「ハン・テングリ峰(精霊の峰)」という名にもあるように、聖なるものなのである。

 

この山や天山山脈には何度も行ったが、このハン・テングリ峰は、従来は6995辰良弦發世辰燭、ソ連崩壊の末期1990年に「国際キャンプ」が開かれる際に突然、7005辰乏幣紊欧気譴討い襦9餾なのであろう。そんなことをしていたから崩壊したのである。

 

ゲル訪問

この自然との営みを営々として繰り返してきた遊牧民たちの生活をホンの少しだけ体験した。小雨の中で馬乳酒づくりやゲルづくりの体験などもした。

遊牧民の仔馬の世話

みんな家族が一緒に生活。中学生くらいの彼女もけなげに働いていた。

どこかカザフ人の面影がある

わが孫娘は小学3年生。中学生になったらこんな可愛い

働き者になればいいのに・・・

 

ゲルの造りはみな同じ。わたしは自分のゲルから出てレストランやトイレなどに出かけては、帰りに毎回迷子になる、みんな同じ白い色のゲルだからだろう。ゲルの入り口辺りまで行くと番号が書いてあるのだが、どうも私には距離感覚と方角の感覚が他人より少しだけ遅れているのかもしれない。少しだけ・・・

吉祥寺から参加したH女史。遊牧民の娘さんに踊りを教えて

私たちに披露して下さった

どこまでも続く草原の道である

 

そして、時たま襲ってくる突然の大雨、ゲルの中はスタッフしか火をつけられないので、寒さを我慢したり、まきをくべに来ると暑すぎたりと大変である。

トイレとシャワー室は、思ったよりきれいである。

 

出かける前から調子の悪かった体調が、ここへきて今までの疲れとが重なったのか、咳と頭痛が重なってすこぶる調子が悪い。ここで同行のシルクロード仲間の仕事が整体師なので彼が見てくださった。以前は「整体」というのは何やら妖しげなものだと思っていたが、見方が変わった。ウランバートルについた夜、ホテルで様態がおかしくなった!氏の体に触れてだいぶ良くなったこともあったからだ。

バスに乗っても眠りこけて、車中でほとんど寝たことのない私をみて、妻が驚いている。

| モンゴル関連 | 09:53 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE