シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< おや まあ〜〜!!世間は動いていますねェ〜〜 | main | 2019年 モンゴル大草原の旅 >>
2019年 モンゴル大草原の旅

5日目 28日 ジレム・ツーリストキャンプでフリータイム

 

20厠イ譴織殴襦Εャンプへ行き、この日はフリータイム。

20劼箸い辰討癲途中の悪路はすさまじいもので、人が歩くのとあまり変わらないくらいのスピード。ドライバーはバスの下部分がデコボコの道路にぶつからないように慎重にルートを選びながら右に左に進むからである。このバスはドライバーの持ち込みのバスである。

 

モンゴルにおける運転の悪癖を発見した。わたしたちの乗った車もそうなのだが、どの車も蛇行運転を繰り返している。究極の「あおり運転」「迷惑運転」のようなのだがそれは違う。

デコボコのくぼみをかわすために、ハンドルを操りながら、くぼ地を避けて走る。しかし、迷惑運転はそれだけではない。右側走行の道を、くぼ地を避けるために反対側の走行車線に入り込むのである。

 

私たちの車はおおむねこうである。ほとんどの車はいつも中央車線のほぼ真ん中を走る。くぼ地を避ける運転になると、反対車線の端まで行って走ることもある。そこに対向車が走ってきてもなかなか元の右側の車線に戻らない。反対車線を走っていてなかなか元に戻らないことを「勇気の証」のように戻らないのである。これこそが究極の「迷惑運転」だろう。

この写真の説明は不要だろう

 

その道路から左にそれて小高い丘のふもとへ向かってゲル・キャンプへ向かうが、これがまた、道路よりすさまじい悪路。草原の上に車が通って自然にできた「道」を道路以上に遅いスピードで7劼鬚垢垢燹

 

幹線道路もぬかるみの道なのだが、その道を走ることを嫌って、そのまた更にわきの草の上を走る車が後を絶たない。車のほとんどはトヨタやニッサンの四輪駆動車である。だから草原に茶色の車のあとがどんどん広がっていく。まさに人による自然破壊である。広い草原から見れば大したことのないように見えるが、これが数か月や何年も続けば大きな破壊になる。

大草原と見るも無残に汚されている道

 

キャンプ場もやはり雨。小雨ではあるが時折は傘もカッパもいらないくらいの程度の雨である。辺りはカスミがかかったような見通し。想像していた自然の景色より何か気持ちがいい。

ここはジレム・ツーリストキャンプは今年3月にできたばかりのキャンプ場でオーナーは中年の女性社長。かなりの日本びいきのようである。新しい木造の家だが、やはりここはモンゴル。

 

ここで苦労したことは、出来立ての「家」を出るときになって部屋から外への鍵では家から出られなくなったことである。いくらカギを回しても出られない。やむを得ず外を歩いている女性2人の仲間に声をかけ、手を振って「こっちに来てくれ!」と叫んでも相手はただ単に私が手を振っているのかと思ってにこやかに手を振り返す。

 

結局、若いスタッフを呼んでもらったが、彼もあけられない。やむを得ず網戸をこじ開けてそれを乗り越えて室内に入って中から開けてもらった。来てもらったついでに、冷たい水しか出ないシャワーも温かいお湯が出るようにしてもらった。わたしはモンゴルに来て以来、はじめてぬる〜いシャワーを浴びることができた。

 

この日はフリータイムの日。希望者は乗馬体験ができる。キャンプが用意した馬の「調教」シ-ンがあった。“この馬もプルジェワルスキー馬だ”という人もいたが。これは普通のモンゴルの馬である。牧童たちはなかなか馬をつかまえられない。

このころになると、私の体は奈落の底に落ちていくように悪くなっていった。乗馬は1990年の夏に天山山脈のカザフ側で一か月ほど馬を乗り回したので、かなり自信があったが、この日は馬に乗る自信はなかった。。

ここからの3葉の写真は、たぶんうちの奥さんの撮影だろう

Iちゃんも楽しそう

これは翌日の有料乗馬体験の際の私である。右側

 

7月24日まで続いた大きな仕事が終わった直後であり、1年以上かけて準備した今回の旅がスタートしたからであろう。わたしにとってはやっとスタートしたことよりも、やっと準備活動が終わったという気持ちのほうが大きい。普通の風邪に下痢が加わった。わたしがリーダーであるゆえ、このような時、旅の初心者は旅の不安を覚えるので、早く治さなければならない。

 

夕食後、例によって宴の輪ができた。わたしも付き合う。みなさん「こんなのんびりした旅は初めてよ」「野口ツアーは今回が最高に良い」と企画した私に賛辞を送ってくださる。コーディネーターとしてこれ以上の言葉はない。

| モンゴル関連 | 11:28 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE