シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 2019年 モンゴル大草原の旅 | main |
14日のシルクロード講座へお越しください

   私は5日から甘粛省と青海省のチベット地域の旅に出ます。家を出るのは午前6時です、

 遅ればせながら今年1月が金婚式でしたので、ワイフへの感謝の気持ちの旅です。

 行先は、麦積山石窟と炳霊寺石窟及びチベット仏教の3つばかりの寺院とイスラムのモスクなどです。

 

 実はここは昨年の日本シルクロード文化センターのツアーでも行きました。わたしは今年で3回目になります。何度も行ったことのあるところですので、喜びを共有しようと思ったのです。

 

 しかし気になることがあります。

9月14日の「シルクロード講座」です。

帰国は12日の深夜になりますから参加のお願いは13日になってしまいます。ですから、今日のブログであらかじめのお知らせをしておきたいと思いました。

 

今日付けの新聞「赤旗」に、何度目かのウイグル問題の記事が掲載されていました。

「中国からトルコへ 弾圧逃れたウイグル人 市民権得られず生活困窮 少数民族の『強制収容所』 中国政府 テロ対策理由に正当化」。

同じ中国と日本という共産党でも、真っ向から意見が対立しています。

 

ウイグル人は、正確な人数はわかりませんが、数百万人が海外で生活しています。過去の出来事を歴史的に見ると、1千万人を超えると思えます。

9月14日は、アフメットさんというカシュガル出身のIT技術者が主としてお話しします。

 

以前、別のこの種の集会で彼のパワーポイントを見たのですが、その写真の中に強制収容所で金網をつかんで叫んでいる中肉中背の男がいました。彼が私のカシュガルの友人Yでした。カシュガルへ行くと彼がいつも私に会いに来てくれました。カシュガルへはもうすでに20回以上は行っているでしょう。一番長い滞在は1週間ということがありました。わたしが年金生活に入った2004年の時でした。

 

そんなYも、もっと身近なウイグル人もみんな強制収容所に囚われています。

中国共産党は、ウイグル人など少数民族の人たちを、いったいどうしようとしているのでしょう?

 

私の結論は、真因は「一対一ロ政策」にあると思います。

「海のシルクロード」を除けば中国の海外への経済派遣の出口・入り口は新疆ウイグル自治区にあるといえます。その重要拠点にウイグル人がいることは許せないのでしょうね。

ですから、ウイグル人の文化的伝統や歴史を継承するいわゆる知識人をまず最初にやり玉に挙げてとらえ、そして次々と知識的な層からとらえているのだといえます。

 

東京理科大学を出て新疆大学の学長をしていた、ウイグルでは最上部の知識層を形成する方が、理由も分からず拘束されて、執行猶予付きの死刑判決を受けています。

私が「日本シルクロード文化センター」を立ち上げる前に、新疆の地で日本語学校をつくろうと構想して活動したことがありました。

候補に挙がったのは、北新疆のイリで小中学生の孤児を引き取って私費で学校に引き取っていたヌルタイ・アジさんも逮捕されて同様に執行猶予付きの死刑判決を受けています。

 

そのほかには中国当局はとても卑怯で狡猾な手段を取りました。

2014年から15年ころまでのウイグル人は、パスポートの取得が非常に困難でした。それが一転してだれでも自由に海外に行くことができるとしてパスポートを自由に発行しました。2〜3年過ぎると、彼らが外国旅行などをして帰国すると、まるで「一網打尽」というように捕まえて強制収容していったのです。

 

これには過去の経歴と歴史的事実があります。

1956年4月、毛沢東は「百花斉放百家争鳴」という政策を打ち出します。

中国という国家の運営は共産党だけではできない。知識層や国民の皆さんと一緒にやっていたい。それには共産党に遠慮のない批判をしてください、と

いう考えでした。

 

はじめはオズオズと最後には遠慮のない意見や批判が出されました。

57年6月。毛沢東は「これはいったいどうしたことだ」と疑問を発し、実に55万人もの知識人を「右派知識人」として認定して逮捕・批判・追放しました。

 

今回の一連の迫害は、これとほとんど同じやり方です。しかし、違う面もあります。今度の対象は少数民族のウイグル人です。あとになって「ごめんなさい。あれは冤罪でした」という必要がないからです。まったくひどい話です。

 

まっ!とにかく9月14日(土曜日)は、ぜひ、狛江駅前までお越しください。一つしかない改札口を出て左に出ると、ロータリーがあります。時計の方向で11時の位置に小道があります。そこをまっすぐに60メートルも行くと、「泉龍寺」です。境内の右側が「仏教文庫」です。

引退した元和尚さんは元駒澤大学の先生、奥さんも元桐朋学園大学の先生でした。温かく迎えてくださると思います。

 

9月3日

| ウイグル情報 | 11:09 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE