シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 番外編―台風一過、地球規模の気候変動を危惧する | main | 金婚記念のチベット・アムド旅行 >>
金婚記念の中国・アムド旅行

到着2日目は蘭州市内にある甘粛省博物館へ。パスポートを出して無料で入館できます。写真撮影はOKですが、フラッシュ撮影と動画撮影はダメ。これらのことをドルジェに教えて彼女がチケットを買いに行く。「ガイド証」がないので彼女も有料です。博物館は3階に分かれていて、人類誕生やマンモスなどの標本から次第に現代に移行していく陳列は万国共通。

この博物館は甘粛省博物館なので、考えてみれば敦煌も甘粛省なのですね。

 

その前の朝食風景をご覧ください。ホテルの裏側にある屋台の店がたくさん。みんな汗びっしょりかいて小麦を焼き、肉を炒め、活気に満ちています。うちの奥さんは、ふだんは絶対に食べないジャージャー面。ドルジェとドライバーは何を食べたか忘れましたが、私はここでも牛肉面。“醜女(しこめ)の深情け”ではないですが、長い間の「牛肉麺食べたい!」の“怨念”が爆発したのでしょう。まァ許してください。

ピントがぼけましたが、牛肉面です

朝食を提供する屋台の中で、ワイフとドルチェが、何を食べましょうかと思案中。

この回族の夫婦も一生懸命働いています。若い奥さんはスカーフをしていません。

やっと朝食にありつきました

屋台ではないこのような食堂もあります。

 

ここでドライバー君が出てきました。26〜27歳と若いと思ったらなんと37歳。ノコちゃんの故郷ではないのですが、何らかのつながりがあるといっていました。ここチベット・アムドでもモンゴルでも、多くのところでは家族や親類あるいは同郷・同族で共同して仕事をします。

どうですか?

 

彼の名前は、なかなかイケメンなのですが名前が難しくて覚えられないのです。ガイドのドルジェも本当はドルジェチ何とかなのですが・・・ずっと農村でトラックの輸送をしてきたと言い、今回は友人の車を借りてきたといいます。初めて韓国の車に乗りました。なかなか良い車です。車が泥をかぶっても洗車をしないので、それを指摘すると翌朝にはピカピカにしてきます。ツアーのドライバーの心得などというものを教わっていないのでしょう。初日は蘭州のホテルのわたしたちの部屋にまで一緒に来ました。彼もなんで自分がお客さんの部屋まで一緒に行くのか分からなかったのでしょうか。

この写真は、麦積山石窟の高いところです。

 

この2日目のメインは、今回の旅の2つの目的の一つである「麦積山(ばくせきさん)石窟」です。ここは3回目の訪問です。

車は天水の街へ向かいます。道中の様子を書けばいいのでしょうが、何度も行くとあまり感慨もわきません。それよりも体調が悪いところへナビシートに座った私へのエアコンの冷気が直接ぶつかって、鼻水、くしゃみと咳で大いに苦しみました。バカなことにその席に3日も我慢して座っていたことに今となってあきれています。

| シルクロード | 09:31 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE