シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 金婚記念のチベット・アムド旅行 | main | 金婚記念のチベット・アムド旅行 >>
金婚記念のチベット・アムド旅行

※16日のブログは、一度、掲載してからあることに気が付いて、すぐに非公開にしました。原因は麦積山石窟と炳霊寺石窟を取り違えて書いてしまったことです。いや、炳霊寺と麦積山をまじりあって紹介していたのです。

これが麦積山石窟です。

さ〜出発です。一番上のはしごまで90メートル近くあります。

体力に自信がなかったのですが。この時は足の疲れは感じませんでした。

 

 

少しだけ弁解しますと、50年来の1人の先輩と2人の親友が、相次いでがんに侵されていることが分かり、今後の治療の方向を聞きながら、役割分担している今の仕事を、だれがどう担うのかなどの論議があったからです。それぞれ前立腺がんとすい臓がん及びぼうこうがんです。先輩という方は、妻の大学の先輩です英の初心者指導法である「ドル平泳法」を編み出した一人で、私の結婚を祝う集いの司会をされた方でもあります。

 

2人の親友は、今はスポーツ・オリンピック研究者であり。もう一人は私がつとめていた新日本体育連盟の後継者でもあり今は本部の会長でもあります。

長い間、兄弟のように深くつき合ってきただけに、本人の心境やいかばかりかと考えるとそれだけで胸がつぶれそうになります。

 

私が辞退しようと思っていた、スポーツの全国的な交流組織の事務局長を辞退するなどということを話せる状況ではなくなったのです。逆に、数十年来、隔週1回開いているスポーツ研究会の責任者代理を務めることになってしまいました。それやこれやで、精神的な負担が大きくなるについてのことと彼らの仕事を誰が引き継ぐかという善後策を取ることや、重圧にめげて気持ちが乗り切れないでいるという状態もあったのです。

 

 

では、改めて麦積山石窟をご紹介します。

ここは写真でもお分かりのように急な坂道や階段が天まで上っています。2年前はなかったのですが、今回は電気自動車がありました。これに乗って崖の下まで行けます。ずいぶんと助かりました。しかし、途中の参道で物売りをしていた人たちは失業ですね。「文明の発展」は、少なからぬ失業と貧困を生み出します。

同じ角度からの写真が多いですが、いわゆる写真映えがするんですね。

 

 

2人で撮る写真は少ないのですが、この時ばかりは寄り添ってくれました

 

ここが確か最高部だと思います。

 

 

麦積山の石質は礫岩で東崖と西崖に分れています。北魏、西魏,北周,隋,唐,宋,明代に続営された194の窟龕が現在知られています。

この日は再び蘭州に戻って一泊し、翌日は炳霊寺石窟です。

| チベット関連 | 12:06 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE