シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 金婚記念のチベット・アムド旅行 | main | 金婚記念のチベット・アムド旅行 >>
金婚記念のチベット・アムド旅行

炳霊寺余話

炳霊寺への往復で、少しのことでは驚かない私(原因は私が鈍感だからですが・・・)が驚いたことがあります。

中国は広い全土がキャッシュレスで満ち満ちています。3600メートルの高地を走っていた時のこと「メロンが食べたい」とガイドのドルチェが言い出しました。ふつうはガイドがお客さんに「果物を買って食べましょうか」と気を利かせて買うものなのですが、彼女は自分が食べたいと思って買うことにしたのです。

 

メロンを買ってからポール(鉄のパイプ)にぶら下げてある何かにスマホをかざすと料金が支払われ、同じスマホにレシートも来るんですね。でも、これは日本でも多少やられているんでしょう。彼女は車を止めてメロンを買いました。すると、それまでもそうだったのですが、何かを買うときはほとんどすべてがスマホをかざして買うのです。

ドルチェのスマホと業務用のスマホの2つがありますが、

公私を完全に混同して使いこなしています

炳霊寺への船乗り場での、おばあちゃんと孫

 

まるでテレビの水戸黄門のお決まりのセリフ「これが見えぬか!」を思い出しました。そのようにして「かざす」のです。ドルチェは若いだけあって、日本から帰ってきてすぐにこのキャッシュレスになじんでいるようですが、私たちは日本でもカードで買うことを拒否しています。スマホに登録することが面倒だからですが・・・

でも最近は、大きめの財布に中にパスモを入れて、改札口でサッとかざして通れるようにしました。まるで「現代人」になったようなルンルン気分になります。

黄河の支流にある休憩所

 

 

ドライブの途中で黄河の支流にある休憩所で車を止めました。

うちの奥さんは無類のイケメン好き。ふだんでも私が二階の自室に寝に行くと、そのあとは好きなイケメンの出るドラマを見ます。至福の時間でしょう。

この休憩所でも、イケメンのドライバーとツーショット。わたしと一緒に写真を取るときは仏頂面なのですがまるで違います。心から嬉しそうな顔をしています。

うれしそうな顔をしていますね、

彼女は「たれ目」で有名なのですが、写真を撮るときはいつも、この顔です

旅をして、飲んで食って車に乗ると爆睡です。幸せでしょうね。

| チベット関連 | 10:14 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE