シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 金婚記念のチベット・アムド旅行 | main | 金婚記念のチベット・アムド旅行 >>
金婚記念のチベット・アムド旅行

再び、アムドのドライブがスタートしました。きょうは旅の5日目です。ラプラン寺のあとは、同仁へ向かいます。漢語で「トンレン」で宿泊です。

ラプラン寺の駐車場近くでお茶を飲みました

どこを走ってもこのような」大草原があります

 

ところがかなりの距離を走ってから着いたのが、ドライバー君の家です。ここでチベットの民家の夕食をごちそうになるということです。

それは知らなかった。ドルチェはもちろん知っていたのでしょうが、まだ彼女は「自分がガイドである」という覚悟ができていないようです。

これがドライバー君の家の部屋の一つです

ドライバー君です

日本では仏間かリビングというところにチベット仏教の何かがあります。

いまは、ダライ・ラマの写真は禁止されているのでありません。

 

彼女は2つのスマホを操りながら仕事上の操作をするとともに、明らかに個人的なお友達との会話などです。それとドライバー君と世間話をして、私たちのことも忘れないで時々話をしてくれます。天衣無縫です。東京にいる女子大生ですね、まるで。東京の若い女性とただ一つ違うところがあります。それは私たちを蘭州の空港で迎えてくれた時から1週間後にさよならをする日まで、ずっと同じ服装だったたということだけです。

 

山道を乗り越え、あぜ道かと思えるような細い道を走って、彼の実家に着きました。後で詳しく知ったのですが、彼の両親(お父さんは70歳)と近くに住んでいる娘さん(35歳くらい)がもてなしてくれました。彼の妻と子供はどうやら実家に行っているようです。ここでは、外国人アレルギーがあって、ものすごく恥ずかしがりの女性がかなりいます。おそらくその類で逃げ出したのでしょう。

お母さんと2人のお子さんのいる娘さん

 

お父さんは、私の友人にも同じようなタイプの人がいるような方でした。足が悪くて立って私たちを迎えられないことを何度も詫びていました。お母さんは「典型的なチベット人の女性」という人です。「典型的なチベット人の女性ってどんな人?」と聞きたいでしょうが、それが書けないから、このように書いているのです!

 

 

出てきました。最初はトゥクパです。

お断りしておきますが、私は乳製品が全くダメなのです。ですからチベットやモンゴルの遊牧民の乳製品はほとんど食べられないのです。口に入れると一発直行でアウトです。ですから食べ物の名前も間違えると思います。覚悟してください。

上のチベット風のマントウと真ん中の小皿に入っている「サモサ」が」おいしかったです

 

でも、これだとせっかく心を込めて作ってくださったお母さんや妹さんに申し訳ないです。いま、ここでこのブログを書いていて思い出したのですが、ガイドからお礼は支払ったのでしょうが、私たち夫婦からのお礼の気持ちを持ってこなかったのです。そういう習慣がないからですが、今、思い出しました。1日1杯のワンカップのお酒は(1日一つ)持ってきていますが、多くのチベット人のお年寄りは宗教上の点でお酒を飲む人が少ないのです。

 

ドルチェが手の指でこねているのがトゥクパでしょう。あとたくさんのものが出されました。わたしはナンのようなパン類のものと乳製品の入っていないものを少量、口にしただけです。というとあとは生野菜や何かくらいです。

これがトゥクパですね

 

おおいにごちそうになってお宅を辞しました。同仁のホテルに戻って、改めて軽く麺類を食べ、ワンカップを飲んで寝ました。

ドルチェが撮影してくれました

 

| チベット関連 | 17:10 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE