シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 金婚記念のチベット・アムド旅行 | main | 第107回 シルクロード講座 >>
八千草薫さんと私とのつきあい

わたしが最も好きな女優は吉永小百合であり、八千草薫さんでした。

八千草薫さんと「さん」付けするには、十分な理由があるのです。

その理由のひとつは、私より高齢であるということ、日本の映画や芝居という文化分野で多大な貢献をしてきたことがあり、最大の原因は「美しい」ということです。

 

と、ここまでは誰でもが言えることなのですが、あまりみなさんの知らないことをおはなしします。

私の現役最後の仕事は「日本勤労者山岳連盟」(略称・労山)の専従事務局長だったのですが、八千草さんの亡き夫・谷口千吉監督は、その労山創立の呼びかけ人だったということです。無類の山好きで、彼女と結婚してからも自然の中に分け入り、妻の力量にあった山登りをしていました。

 

もう30年近くになるでしょうか、わが団体の機関誌に谷口千吉さんの思い出を書いていただこうということになり、八千草さんに書いていただきました。それ以来、わたしの“恋の炎”は消えることなく燃え続けているのです。彼女の経営する拙宅近くの成城の小料理屋へ行ったこともあります。もちろん、彼女はいなかったのですが、素敵な雰囲気のお店でした。

 

そのすぐ近くに石原裕次郎の豪華な家があります。いまは奥さんが一人で住んでいて、成城で買い物をすると目立つので狛江まで来て買い物をするとワイフから聞いたことがあります。

                                       

むかし、TBSテレビで多摩川の狛江市内の決壊の被害を扱った「岸辺のアルバム」というテレビドラマがありました。わたしは毎日が多忙で一度も見ることがなかったのですが、当時は大評判だったようでした。八千草さんは、その多摩川の自然の中に分け入って歩いていたということも最近知りました。

 

友人に私の住まいを聞かれて「狛江」というと、よく「あ〜、あの岸辺のアルバムの狛江ですね」と言われました。そのほかには「バカラとばくで捕まった市長のいた狛江ですね」ともいわれるし、「共産党員市長のいる狛江市ですね」とも言われますが、わたしは「超高級住宅街の成城学園の高台からガクンと落ちた先の狛江」だとも言います。

 

共産党員の矢野市長(だった)とは古くからの友人でしたので、夜になって「夫婦で飲もうよ」となって、楽しく話すうちに気が付いたら朝だったということもありました。

バカラとばくの市長だった人物は高橋三雄氏でした。そしてその当時、私は山登りの会「狛江山遊会」の会長でした。あるとき駅近くから自転車で帰宅するとき、無灯火でした。それまで20〜30年も無灯火で乗っていました(よくないことだと、今では反省しています)。その時、警官が私を止めて「罰金だ」とかなんとか言い出しました。わたしはジョークのつもりで「おれは狛江山遊会の会長だぞ!」というと、その若い警官は私を石井三雄氏の後援会長かと勘違いしたようです。「失礼しました」で終わりでした。でも私は「でも交通違反だろう?」といっても、「どうぞお帰り下さい」というばかりでした。権力者に媚びるということは、こういうことだなと痛感しました。

 

その多摩川水害の被害者たちが国を相手に裁判を起こし、その多摩川水害訴訟団として事務局長に吉沢四郎の名前で活躍したのが、ペンネーム土井大助さんだったのです。

2014年に死去する前の土井さんとは主には居酒屋の付き合いでしたが(でも拙著の推薦の言葉なども寄せてくださっていました)、前年に亡くなった奥方の死を毎度毎度、嘆き悲しんでいました。そのとき私は、このような夫でいたいなと思ったものでした。

 

でもその前に、1960年代後半の中国の文化大革命の際、私は北京で日本人紅衛兵たちによる暴力や脅迫などによって生か死か、という状況の時、土井さんは同じ中国の大連にいたことを後で知りました。

 

八千草さんの自宅は、その成城でしたし、小料理屋さんもその近くでした。その関係で岸辺のアルバムのロケの前後には、狛江の多摩川土手をよく歩いていたそうです。そのように自然が好きだったそうです。

緒方貞子さんも亡くなって、そして私の親しい先輩や友人たちも亡くなって、「その人の生涯はどのような人生だったのだろうか」と思いこむことが多くなってきました。「自分の人生はどうだったのだろうか」という思いとともに、「この先何年あるかわからない自分は、いかに生きるべきか」ということを、ことのほか痛切に考えるようになりました。

 

きょうは、思いが余ってか話があちこちに飛びましたが、八千草薫さんと私とのお付き合いはそれだけのことでしたが、哀しく、寂しい想いがするばかりです。

それに輪をかけて悲しかったことは、沖縄・首里城の焼失です。

| コメント | 11:31 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE