シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 金婚記念のチベット・アムド旅行 | main | シルクロードの粋を学びました >>
金婚記念のチベット・アムド旅行 最終回

さぁー、このレポートもこの辺が潮時ですね。この回で終わりにしましょう。

ガイドのドルチェとドライバー君は帰宅しました。「帰るときにはわたしのメールアドレスを教えますから、野口先生が日本へ帰ってからも連絡を取り合いましょう」といっておいて、「給料をもらってから帰るわ」ということで、サヨナラのあいさつもなしにサッサと帰っていきました。これが現代っ子なのでしょうね。

 

帰国前日のこの日は、のこちゃんが運転をしてガイドです。

最初は、私は何度も行っている「中国西蔵医薬文化博物館です」。

前回の2年前に来た時には、バカでかい建物だったという印象だったのですが、その後ろにもう一つ、それよりも大きな建物ができていました。

この何年かで2000兆円もの外貨準備ができている国だから、お金は無尽蔵にあるのでしょう。ここも2年前にレポートしていますので省略します。

大きな大きな博物館です

2人で映るのにもやっと慣れてきた感じです

博物館内部です

横のものを縦にできまん

日ごろから「ヨコのものをタテにもしない」わたしですので・・・

このように働きながら、みんなで歌う歌が最高に素晴らしいものなのですが・・・

 

 

次は「東関清真寺院」です。

イスラム教徒を中国では「回族」といいます。そのお寺、要するにモスクです。

東関という言葉は、発音は「ドンガン(東干)」。

清王朝末期という時代に大規模な反乱が起こり、清の軍隊が数百万人のドンガンを殺略したのですが、その攻撃の最終目的は、現在の北新疆にいたジュンガルでした。要するに中国のイスラム教徒のお寺です。

モスクをガイドする回族の青年です

ここはさすがに警察の警戒が厳重です。

しかし、チベット自治区ほどあからさまな(自動小銃と消火器を抱えながらの一列縦隊の行進)警戒ではなく、武器を持たない丸腰です。

 

東干はどこから来たのかという論争があります。わたしはモンゴルがヨーロッパ各地を攻めた時、中央アジア各地から奴隷として連れてきた人びとだと思っていますが、私の友人は「明の時代の船で海から連れてこられた」と言って譲りません。ただ、「イスラム教徒になった漢民族人だ」という説は、誰からも支持されていません。

学校で勉強したものをお父さんに見てもらいます。彼女はお母さんには思い切り甘えますが、お父さんは相当に怖いようです。

でも、食べ盛り

4人そろって記念写真です

お店の前では、どこでもやるのですがチベットの曲で踊りの輪ができます。ただし、躍るのは漢族だけですね

私たちは見物しながら・・・

遊びや踊りは子供が大好きです。わたしも。でもなぜチベット人が踊らないんでしょうか?

 

翌朝5時、ノコちゃんのご主人が空港まで案内してくれて、上海での6時間待ちのあと無事に成田へ帰ることができました。

成田から愛車でスイスイ自宅へ帰ったのですが、この9月10日という日は台風15号が暴れた翌日だったのですね。とくに千葉県がひどい被害があったそうで、東関東道沿線も被害が激しかったとあとで分かりました。楽しく旅行をして帰ったあとだけに、何やら後ろめたい気持ちの残った、しかも印象的な旅でした。

そうそう、思いだしました。この旅は私たちの結婚50年を記念するものでした。

| チベット関連 | 08:47 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE