シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< シルクロードの粋を学びました | main | 晩秋の那須と猪苗代湖に行ってきました >>
ウイグルについて新旧のお嬢さんたちと話をしました

うちの奥さんが月に1回くらい神楽坂に通ってある出版社を会場にして行っている読書会。そこに参加している人からの依頼で「ウイグル問題についてお聞きしたい」という話が舞い込みました。

 

そこは「すいようかい」というサークル。はじめは神楽坂まで話しに来てほしいということだったのですが、「話を聞きたいなら狛江まで来なさい」といいました。

そんなこんながあったのですが、結局、四谷の主婦会館近くの会場で話すことになりました。

 

誰よりも早く会場について皆さんを待ちました。本当に新旧でしたが、それほどお年寄りはいません。

集まった方がたは、皆さん日本在住の外国人に日本語を教えている先生方。

ですから、ほとんどの方は60歳代までの女性たちです。10数名の方のうちリーダー格の男性と、もうおひとり60歳代を超えた男性のほかは皆さん方、まだまだ若い女性たちです。

 

リーダーの方に伺うと、みなさんシルクロードへ行ったこともないし、ウイグルが何者かも知らないような方がたばかりだそうです。しかし“最近、ニュースで少数民族がひどい弾圧を受けているので、なぜなのだろう”という話になったそうです。このような方がたにお話しするのは初めてです。

 

結局、ランダムにウイグルの現状と被害の現状をお話ししましたが、私が力を入れたのは、モンゴル高原の覇者だったころからのウイグルの千年以上に及ぶ歴史です。それと、なぜ中国共産党がこれほどまでに少数民族をひどく扱うのかという歴史です。

どこまで理解して下さったかはよく分かりませんが、それでも皆さん、いちいちうなずいて話を聞いてくださいました。

 

終了後は四ツ谷駅前の四川料理屋での懇親会です。驚いたことに皆さん全員が参加されました。少し冗談も言ったので、だいぶ親しんでくださっていろいろな面からの質問が飛び交いました。

みなさん、私が中国に行っていたので中国料理が好きだと思っていらっしゃるようですが、それほどでもありません。でも四川料理となると話は別です。おいしくいただきました。スタッフに漢語を話す娘さんたちが居ました。

 

ここでは、一次会よりも頻繁に質問が飛び出ていました。

ふつうの懇親会では、講師の話より、飲み・食うに集中するのですが、さすがに洗練されている皆さんです。ちゃんと良い子にして話を聞いてくださいます。

この日は久しぶりに11時半過ぎのご帰還でした。

| ウイグル情報 | 11:21 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE