シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< ウイグルについて新旧のお嬢さんたちと話をしました | main | 巨星堕つ! >>
晩秋の那須と猪苗代湖に行ってきました

 近くの行きつけのガソリンスタンドで給油した時、店のおじさん「あまり出かけてないですね。オイルも何も大丈夫ですよ」と言われました。どういうことか、その言葉に火がつきました。以前は月に1000卅っていたのですから。しかし出かける理由が思い当たりません。そこで考えたのが、「久しぶりに紅葉を見に行こう」でした。

 

 そのころワイフは元の教員時代の後輩が弘前大学の教員になっていて、踊りに使うお面を大量に譲ることになったようで、私の車で届けることを考えていたようでした。しかし、問い合わせたところ、11月の下旬はもうすでに雪が降るので無理だということになりました。

 

 そこで両者の意見が一致して、彼女が探し出したのが「おおるり山荘」。

 ここはこれまでにも何度か行きました。ワイフが気に入ったところは、1人一泊6000円少々という値段。しかも一泊二食で。

 

この会社は、あちこちのつぶれた温泉を買い取って、建物はそのままでサービスを増やしたということだそうで(あくまでも風聞です)、客を東京まで迎えに行って、送りもする。その値段が1000円だそうです。これを彼女は数年前の大学のクラス会で利用して以来の「お得意様」になっています。

那須には「殺生石」というところがありました。

昔、インドの悪い魔物が日本まで来て、村々で悪いことをしていたので、だれかがこれを退治したという伝説。

大昔にインドから悪い魔物が来たという伝説も、国際的ですね。

要するに硫黄で殺したということだそうです。

 

 

奥日光でも那須でも、温泉街からはナビでないと行かれないような奥まったところにあります。私はそこへ行くドライブが好きなので、行きます。

ホテルには老人夫婦が8組くらいいました。ところがこの日は学生のグループが20人以上来ていました。にぎやかなのはいいことです。

男の子を気にする女子大生たちは、髪の手入れをバッチリしていて、きれいです。そのほかにはお嫁さんが舅夫婦を案内してきたような3人組、男だけで5人がいました。多分、釣りでしょう。

 

 道端には雪が少し降り積もっていました。夜は寒いですが、昼間は暖かい陽気でした。帰宅してからの今週はスポーツ分野でその活動方向をめぐる重要な検討が加えられます。正念場です。そのためのしばしの休息でした。

ほれ!今シーズン初の雪です

 

 東北道と山道の運転もこれまでと変わりなく悠々と運転できました。700辧

 

 

どうやら彼女は、ここへ来たかったようです。踊りの創作の何かを得ることが目的だったようです。

ここは猪苗代湖近くの「野口英世記念館」です。

| 旅日記 | 11:18 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE