シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 渡辺一枝さん登場! 胸に秘めた方のシルクロード講座出演です  | main | 希望のある年にするか、それとも・・・・ >>
こんな一年でした

 

年の瀬もいよいよ押し詰まってきました、と言いたいところですが、私にはとてもそんな雰囲気は味わえません。

24日のクリスマスイブの日は、息の詰まるような緊張した固い会議。

25日はニュースの原稿書き。26日は仲間と2人でニュースの作成。

お互いの家を電話とメールで往復して、やっと午後7時にめどが立ちました。

 

27日は午前3時に起きて、原稿の再確認をしたところ、大きなミスに気が付いて、またもや原稿書き。

やっといま、午前4時半に送稿して終了。まだ何があるか分かりません。

それがあるので、ここ2〜3日は、ちょっとした外出もままなりませんでした。

 

きのうの朝、トイレに入っているところへ孫娘からクリスマスプレゼントのありがとうの電話。

うちの奥さん、いきなりトイレのドアを開けて「ホラ、待望の電話よ」といって受話器をトイレのなかへ突っ込んできました。

 

孫は、きのうが修了式で、、翌日からは親がついて行かないスキー行事で菅平へ行くんだと。もう心は菅平に飛んでいて、こちらが「クリプレはうれしかった?」と聞かないと「ありがとう」も出ません。その気持ちはよ〜〜く分かります。

「うれしかったの?うれしくなかったの?」と聞くと、小さな声で「うれしかった〜〜」。

 

「足を折らないように気を付けて行ってくるんだよ。今度はおじいちゃんがスキーを教えてあげるからね」というと、途端に大きな声で「うん、行ってきま〜〜〜す。バイバイね!」で、一方的に電話が切られました。悲しい別れでした。

 

で、今日はそのニュースの発送作業。それで今年の活動は終わりです。

 

明日からは私の部屋、本の整理、それから下へ行って少しずつの大掃除。それも毎年、恒例ですが、なかなか進まないで結局、大みそかまでダラダラやることになりそうです。

今日までは、スポーツ分野の2月1日の、新たな企画の「新年の集い」の成功に向けての活動。来年も新年からその続きです。

 

それ以外では地元狛江に渡辺一枝さんをお呼びしての「シルクロード講座」があります。きのうもチャンスを見計らって、車で10分の団地の友人のところまでチラシを届けに。来年も相変わらずの毎日になりそうです。

チラシを大判にして、パウチをしてもらうところへ行くと、「機械が故障しています」とのこと。あ〜〜あ。何とかしなければ〜〜

 

 

| シルクロード講座のお知らせ | 04:43 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE