シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< こんな一年でした | main | のどかな散歩で見たもの >>
希望のある年にするか、それとも・・・・

新年のご挨拶を申します。今年もよろしくお願いいたします。

 

今年2020年は、言うまでもなく東京オリンピック・パラリンピックの年です。

スポーツの分野で活動している私は、かなり緊張した一年になります。

シルクロードの分野では、今月11日には「日本シルクロード文化センター」の年1回の総会があり、午後には再三お伝えしている、「シルクロード講座」の渡辺一枝講演会があります。

 

2つの分野での活動を支えてくれる正月は家族のきずなが高まることにもなります。

もう恒例となりましたが、正月2日は、昨年1月5日に再婚した長男夫婦と長女夫婦が孫と婿殿の母親ともども来宅します。長男の嫁さんとしては今年が初めての来宅です。息子と同い年の彼女はかなりの美人です。

プロカメラマンでドローンの会社経営の息子とお嫁さん

 

長男の妻はやはり再婚で、大学生のイケメンの息子が2人います。

彼女はフエルト作家というのか、羊毛でスイーツやあれこれをつくって教えています。『福田りおの羊毛フエルトテクニック』などという本も出しています。

かなりのお弟子さんもいるようで、都内各地で教えるとともに香港・上海・パリやドイツなどでも毎年、講習会や発表会か何かを主催あるいは主宰しているようです。

私はその方面はまったく関心がないのですが、それらしきことをフエースブックに載せるので、知っています。

 

娘夫婦もこの日は一日我が家で過ごします。どういうことか婿殿の母親もいつも一緒です。以前は婿殿の弟まで来ていました。「独り住まいだからおせち料理をつくる手間を省く」ために息子夫婦と一緒に来るそうです。そんなことを平気で言う明るいお母さんです。わがワイフと同じ年ですが、勤めていた学校の卒業生だったとのこと。

花粉症の時に着けるゴーグルで遊ぶむすめと婿殿

 

孫にお年玉をプレゼントすると、今年は私たちの目の前で金額を確かめることはしませんでした。初めて成績表を見せてもらいましたが、左側に〇が並んでいました。

おばあちゃんのお面をつけて遊ぶ孫娘

私の左手側が婿殿の母親。

 

ところで、今年のシルクロードはどうなるのだろう。

すでにウイグルの地は“阿鼻叫喚”の地となっており、中央アジアの状況は変化がなく、中東方面は米軍のイラン司令官爆殺事件で戦争のきな臭いにおいがますます強くなってきています。

 

そして地球人類の誰もが逃れることのできない気候変動の危機が日一日と迫りつつあります。

このことについては「分かっているけどどうやったらいいかわからない」という人がほとんどです。

それには私たち一人一人の身の回りから気候変動の危機を頭に入れて取り組むしかありません。しかし、それ以上に重要なことは、毎日、莫大な量の“気候変動の種”をまき散らす企業に規制を加えることのできる政府の役割と仕事があるということです。

 

環境相がCOP25の会議に出席して、ろくなことも言えないで帰ってくるような政府では、何も期待できません。おまけに2回も「化石賞」を授与されるなど、日本政府の恥を世界に振りまいてきたような「仕事」も果たしてきました。それどころか結婚前の不倫の恋やあれやこれやのスキャンダルを週刊誌に暴露されて仕事もできないことになるでしょう。

 

昨年は私の多くの友人たちが亡くなりました。とても悲しいことですが、しかたのないところもあります。

とてもおめでとうを言える状況ではありません。

 

しかし、愚痴ばかり言っていても仕方がありません。

そのような状況からも何か明るい僥倖を見つけて前に進んでいくしかありません。

模索の中から未来を探し出すしかありません。

そんなところから、今年もよろしくお願いします、と言います。

| コメント | 03:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE