シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 希望のある年にするか、それとも・・・・ | main | 明日は狛江駅近くの会場で渡辺一枝講演会です。 >>
のどかな散歩で見たもの

きのうの朝、ワイフに誘われて多摩川へウオーキングに出かけました。

私があまりにも体を動かさないので、外へ出るように毎日言われています。

自転車で多摩川まで行き(歩くと30〜40分かかります)、土手に上がると真っ白な富士山がくっきりと見えました。

いつもはカスミがかかっていてよく見えないのですが、朝は空気が澄んでいて、これまでになくはっきりと見えました。見たこともないような美しさです。

 

正面の小さな樹々は、通称「五本松」といい、散歩やお花見などでいつもにぎわいます。

近くの日活や東映などがいつもロケなどをしています。

昔は、都心の金持ちがここらあたりまで来て、川魚料理や水遊びを楽しみ、

小中学生も臨海学校などできたといわれています。

 

河川敷を見ると、アレアレ、10月だったかの水害の影響で、上流から流されてきた大木の根っこの残骸が河川敷のあちこちに無残な姿をさらしています。土手のすぐ下にまで押し上げられているものもあります。

自然の驚異の姿をホンの少しだけですが見ることができました。

ここから下、3葉の写真は、10月13日(台風19号の翌朝)の写真です。

もうすでに木の根っこなどの漂流物が、水の引いた後に見えます。

午前10時ころですから、濁流はだいぶ引いていますが、ピーク時は足元まで水が来ていたのでしょうね

うちの奥さんは、台風の翌日は必ず娘を連れて多摩川まで行っていました。

野次馬の典型です。

この写真は昨日の1月6日です。

左のマンションの手前が土手ですが、その近くまで濁流が押し寄せ、怒涛が逆巻いていました。

川の中州もまだ残骸が残っています。向こう側は川崎市の登戸や中之島あたりです。

 

このような、あるいはこれより数百倍、数万倍も規模の大きな気候危機がいま、地球上のあちこちで人間に襲い掛かろうと、手ぐすね引いて待ち構えています。イヤ、すでに地球各地で襲い掛かりつつあるといえます。

 

また、ここではおなじみの“河川敷の人”の姿がありました。ビニールハウスの農機具置き場や畑の野菜も見えました。この人たちはどうしたのだろうと思っているところへ、畑をいじっている人の姿が見えました。

ビニールハウスや農機具を入れる小屋などがあります。

 

うちの奥さんがその1人にインタビューしました。

聞くと“台風の夜は近くの公園のトイレで、ずっと便器に座って嵐が過ぎ去るのを待っていた”とのこと。あまり人と話すことを好まないようです。

濁流の流れの関係で、一番早くにぶつかる位置にあったビニール小屋や畑などは壊滅状態でしたが、せっせと働いている人がいます。

 

しかも台風以後、ここにいた人びとはすぐに「復興」に取り掛かかったようです。再び、同じようなビニールハウスができ、田んぼには野菜が生えていました。

この人たちを「たくましい」というのか、野菜たちを「たくましい」というのか、論議が分かれるところですが・・・・

 

この多摩川という一級河川の河川敷には一体、地主がいるのでしょうか?いるはずはありません。国有地なのですから。近隣に住んでいる人が畑を耕しているという話も聞きます。実態を調べるという意識よりも“彼らもたくましい”と思ってしまいます。

 

富士山を眺めていると、その右側に高い塔のような建築物が見えます。そこは「よみうりランド」の宿泊棟あたりです。

ここができたばかりのとき、よみうりランドでは夏スキーやジャンプのできるタワーをつくりました。(伝聞ですが、)これができてすぐにジャンプした人がスキーに失敗して亡くなったそうです。それ以来、ここは夏スキーやジャンプには使われなくなったといわれています。

写真の右側にある塔が「よみうりランド」です。

 

私は現役のころ、ここで2年に1回の全国総会で会場に借りる交渉をしたことが何度もあります。

もっと前には、別の団体で個々の地域の稲城町(当時。現在は市)の責任者をしたことがありますのでほかの人より多少は詳しいのです。

 

それにしても自然の営為は残酷なものですが、新しいものも運んできます。

鳩だか何だか分かりませんが、小鳥がせっせと何かをついばんでいます。豊かな栄養分を含んだ土壌が流されてきたのでしょう。

これは鳩ですね

 

でもこの上流から流れ着いた漂流物は、誰が整理をするのでしょうか。

次の台風まで自然淘汰を待つのでしょうか。

 

そこへ大型のダンプカーが(調布市側ですが)、3台も入り込んできました。流れ着いたものの整理でしょうか。全然、別の作業かもしれません。

狛江市は予算も少ないので、そんなことはできません。だいいち、土手の道も調布市側は舗装道路で、狛江市側は砂利道です。でも、砂利道のほうが自然に近いので良いのかもしれませんが・・・昔の市長がバカラとばくでつかまったツケがまだついて回っているのでしょう。

もうここは調布市側です。

 

汗ばんだウオーキングのあと、いろいろ考えさせられることがたくさんあることに気が付いて帰路につきました。

| 環境・自然保護関連 | 07:01 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE