シルクロード日誌

日本シルクロード文化センターのブログページです。シルクロードに関する情報、コメント、旅日記などを綴ります。
<< 明日は狛江駅近くの会場で渡辺一枝講演会です。 | main |
幼児期のあだ名は「チベット」 ――渡辺一枝講演会 盛況裡に開かれる――

今回は正面を90度右にして、幅広い椅子席をつくりました

 

きのう11日の「シルクロード講座」は狛江駅前の「泉の森会館」3階で渡辺一枝さんをお呼びしての講演会を開きました。

短期間の取り組みでしたが、市内のいろいろな団体にチラシを配布させていただいて、おかげさまで42名の方が参加されました。その多くは女性でした。

パワーポイントもなく、音楽もなく、文字通りのお話しだけの極めてシンプルな集いでした。

運営する側は、事前の準備もいらないし、高いギャラの演者も必要ないのでありがたいことでした。

 

開場30分ほど前、2階のロビーでコーヒーを飲みながら待機していると、黒い服装でつばの広い帽子をかぶった女性が入ってきました。この方が渡辺一枝さんでした。

 

一枝さんのお話しは、まずご自分の幼児期のお話しから始まりました。

それによりますと、幼いころからチベットのことが頭から離れなくて、おかげであだ名が「チベット」だったそうです。

また戦死した父が話していた「鳥葬」のことが頭から離れず、たまたまテレビで見た「カイラス」を見てチベットへの思いがますますつのったということです。

 

 

わたしは、一技さんの顔を真正面からみることができませんでした。

何か近寄りがたいんですね。

 

そして一技さんは高野山大学のシンポジウムで入場者に配布された紙袋に入っていたチベットツアーのチラシを見てチベット行きが実現したといいます。

それからの一枝さんのチベットにかかわるおはなしは、淡々としながらも鋭く私たちの心を衝いてくるお話しばかりでした。

15分ばかりの休憩を挟んでの3時間弱のお話しは、多少チベットをかじっていると思っていた私などの思いをはるかに超えることばかりでした。

前列左の男性は山岳連盟の海外登山委員長山中さん。その隣が奥さん。

彼らの結婚式の実行委員長が私でした。その右が愛子さん。ご主人も同じ山岳連盟の幹部です。

 

鳥葬とは、「天に還るのではなく生まれ変わる」こと。死んだ者の肉体は「お布施」で鳥に与えられるだけのことということ。

写真も何も残さないのが原則、ということは相続問題が起きないというお話を聞いて、“う〜〜む、なるほど”とうなりました。

5000Ⅿ以上のヒマラヤを越えてインドに亡命する人たちやとくに子供たちの服装は、布の服でありゴムの靴であったこと。

 

お話しは福島の原発に移っていきました。

震災の年の8月から福島へ通っているが「テレビは本当を言わない」と言い切っていました。

オリンピックの聖火リレーで福島の南相馬を1.2卅る計画があるが、そこの道路ではなく、傍らの草むらはいまでも線量が非常に高くて走ることは不可能なところなのに・・・という衝撃的なお話もありました。

何か男性陣はこのあたりに固まっていました。

 

一枝さんは3時間弱という長時間のお話しの中でたくさんのお話しをされましたが、結論的なこととしては、銃撃されて亡くなった中村哲医師は、日本国憲法を自ら体現した方であったという言葉で締めくくりました。

 

終了後の懇親会にも多くの方が参加されて、汲めども尽きぬ語り合いが続きました。

| チベット関連 | 10:24 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
PROFILE